Aug 24, 2016

「やりたいこと」の見つけかた


昨日は日帰りの出張で、体中がバキバキ、睡眠不足だし、
帰りが遅くなったので夕食もとれないし、今朝の目覚めはぐったりでした。

しかし、ぐったりしたまま一日過ごすのもしんどいので、
えいや!と着替えて、いつもより遅れて7時半くらいにスタジオin。
急ぐ元気はなく、スタジオのクローズまでの1時間半にやれるポーズまでを、
呼吸第一にゆったりとやりました。

自分を元気づけるためのメンテ練。

いつものように、プライマリーの終わりくらいから
元気がみなぎってきてノリノリで出来るのだけど、
時間切れでウルドゥバダヌラーサナに入ったらカラダがカチコチ!

ドロップバック&カムアップを、丁寧にカラダを伸ばしながらやってほぐしていきました。

おかげで、練習が終わった頃にはどうにか元気を取り戻しました。

さて、最近になってようやく、「やりたいこと」が手の届くところまで見えてきた気がしています。

「やりたいことが見つからない」ということで、20代は右往左往していました。
ようやく分かってきたのは、やりたいことは、山程あるということ。

山程あるのに、「それはできない」「食っていけない」「その分野でもっと有名な人がいる」など、あれこれ理由をつけて、否定しているのは自分自身。
周りに反対されたり、誰にも分かってもらえなくても、「やらない」という判断をして手を出さないでいるのは自分自身。

10年後こんな気持でいたいな、こんなことをしていたいな、というイメージをもって、
目の前の一歩をちゃんと踏み出すこと。

それはどんな些細なことでもよくって、
自由になる時間は限られるから、その間に何をするか計画して、実行していくだけ。
シンプル。

時間がない、と嘆いていてもしょうがないので、
通勤のスキマ時間をどう過ごすのか、
家に帰っておよそ1時間の料理する時間、寝る前15分~30分の自由時間を何に費やすのか、
休日に担当させてもらっているヨガレッスンをどう濃厚な良い時間にするのか、
僅かな休日の自由時間をいかに有意義にするのか。

もちろん、自分が幸せで、家族が幸せ、というのが第一優先。
我慢して眉間にしわ寄せて頑張る、というのは続かないです。
楽しくて幸せなことしかやれないのです♪

今やりたいのは、
もちろんヨガ、アシュタンガヨガの楽しさを伝えていきたいということ、
ハタヨガをとおして、私のようにカラダを動かすことに抵抗がある人に
カラダを動かす楽しさを伝えていきたいということ、

そして、自分のカラダの声を聞きながら、幸せな食生活を送るための、手助けをできるようになりたいということ。

ちなみに、昨日、新幹線に乗っていたら突然
「オリジナル調味料を作りたい!」という夢が降りてきました。笑
素材の味を引き出す、スペシャル・ブレンドの調味料。
楽しそうなので、そっち方向にもいろいろ進めてみようと思います。

そのために、今は食材について、料理について、アーユルヴェーダについて、スパイスについてなど、勉強をしています。

先日、こんな資格も取得しました。

2オーガニック料理ソムリエ アイコン

ベースはマクロビオティックのようですが、
「オーガニック」ってなんぞや、というところから、
農と食に関わること、政治的背景や、日本の食の背景、世界の食についてなど、
ベースの部分をたっぷりと勉強いたしました。
調理法による玄米の味の違いとか、調味料の選び方とか、すぐに自然食品店に行きたくなる。笑

玄米食がカラダに合わないかも、という不安や
マイソール練習をする以上朝食が摂れない、ということで
マクロビオティックには二の足を踏んでいましたが、

まずは今回学んだことだけでも実践して、
そっから食について知見を深めていこうと思います。

Posted in 日記, 食べるNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment