姫子と7人のマモル@全労済ホール/スペース・ゼロ

NO IMAGE

MAMORU
「脚本・演出:村上大樹(拙者ムニエル)」
「振付:黒田育世(BATIK)」
ここだけを見て行った私が間違っていました。
いや、間違いに気づいたまま観劇しました。
なんてったってこの舞台、
「イケメンたちがたくさん出てきて歌ったり踊ったり、おまけにちょっとおちゃめな演技で笑わせてくれちゃう、イケメン大好き女子たちへのサービスづくめの舞台」
なんですから。
どうにも私はイケメンが苦手。
嫌いと言ってもいいくらい。
じんましんがでるかと。
本気でじんましんを心配しました。

拙者ムニエルの舞台は一度くらいしか見たことがないですが、
大学の授業に村上さんがきてくださったことがあります。
普通に講義が始まるかと思いきや、
役者たちが出てくる出てくる・・。
スーパーフリー」「ミラーマン」という
我らがW大学の当時のフレッシュなネタをふんだんに盛り込んだ
ゲリラ演劇?を見せてくれました。
時事ネタをちょっと意地悪く見せて
絶妙に笑いを取る村上さん・・・。
村上さん・・・・・。
意地悪な部分をそぎ落として
女子に近づいた結果、こうなったのですね、わかります。
ようは、イケメンが間抜けなかんじの演技したら面白いでしょー?
イケメンが女装しちゃったら笑えるでしょー?
っていう、とにかく雑な感じにまとまっておりました。
ま、うけてたんですけど。
結局、イケメンになんの興味もない私には、
笑いどころも何もありませんでした。
黒田育世さんの振付も、面白いですが、
やっぱスカート女子たちが髪振り回して踊るのが好きなわけで、
それをイケメンにやられても・・・・・・
ちなみに、
WEBサイトはこれ
見るからに
つまらなそうですよね。
なんで観に行ったかって?
それはね、CINRAの抽選に応募したら、うっかりチケットが当たってしまったからです・・・!
こういうの、意外と応募少なくてあたっちゃったりするからおすすめです。

結果、残念な気分になることがほとんどですがね。

 

日記カテゴリの最新記事