Dec 26, 2010

ノルウェイの森@新宿ピカデリー


村上春樹原作映画、ノルウェイの森を見てきました。
言わずと知れた村上春樹の小説「ノルウェイの森」をトラン・アン・ユン監督が映画化。
村上春樹の作品の中でも、映像化が難しいと言われていたが、トラン・アン・ユン監督なら、と村上が許可をだしたことで話題を読んでいます。
ちょうど大学在学中に早稲田で撮影がされていて、ちょくちょく噂を聞いていたので
やっとみられる!と楽しみにしていました。
村上春樹原作の映画作品では、トニー滝谷を見たことがあります。
ナレーションが中心の映画で、原作の独特の言葉遣いと、きれいな映像を眺める、という感じだったのをぼんやり覚えています。
ただ、それはもとが短編作品だから可能だったことなので
ノルウェイの森では、独特の言い回しがセリフでどうなるのか、
とらえどころのない世界観や、現実味がない登場人物たちをどう映像化するのか
楽しみに劇場に行きました。
観終わった感想は、なんと言ったらいいのか、、
いいところもあったはずだけど言葉にするのが難しく、
悪いところは言葉にしやすいので、気を抜くと批判的に寄りすぎてしまうかもしれないです。
さあどうなる(ねたばれます)


よかった部分は「感触」。
原作を読んでいて感じる、なんとも言えないようなどよーんとした重さと、
どうにも理解しきれない様な、得体のしれない飲み込みづらいもの。
小説を読むと感じるそうした感触を、感じさせる映像が素晴らしかった。
特に、療養所の周りの草原や、ワタナベが旅をする岩場の迫力と
不気味さがよかった。
セリフ回しについては結構自然に直している部分もあるものの、
やっぱり不自然な感じはあった。
でも、直子とワタナベのシーンでは、その不自然なしゃべりが
不穏な感じを醸し出していてなかなかよかった。
あと、永沢とハツミさんとワタナベがレストランで食事をする場面も
とても良かった。
ここは不自然な言い回しというか、お嬢様のお上品な言葉遣いの裏に激しい感情がほとばしっていて、その食事の場面からハツミさんの寝顔、そこに重なる彼女の悲しい将来についてのナレーションまでの一連がとてもよかった。この映画で唯一かもしれない、見慣れた「映画らしい」場面だった。
あと印象的な場面としては、直子とワタナベが草原を歩くシーン。
すごい速さで右に左に直子が歩きながら一気に話をしていて、
ワタナベが必死で追いかけながら話をきく。
話しきると直子は声をあげて泣きながら、歩いていた場所から全然違う方向に走って行ってしまう。
この場面はこの作品の不穏な感じをモロに出していて、気持ち悪いんだけど惹かれるものがあった。
ただ、もちろん気になる部分、腑に落ちない部分も多かった。
そのほとんどは、解釈のズレによるものだと思うのである程度は仕方ないが、
どちらかというと腑に落ちない場面のほうがよかった場面より多かったのが残念だった。
まず気になったのが、女性の登場人物。
村上春樹作品の女性はだいたい現実感がないもので、直子もそう。
菊地凛子はやっぱり上手なので、そんな直子をうまく表現していたように思う。
ただ、緑とレイコさんは、現実感がないままではいけなかったんじゃないか、を私は思います。
「あっち側」と「こっち側」があって、その間で揺れ動いているのがワタナベ。
「あっち側」にいるのが直子。
緑は「こっち側」にいて、ワタナベをこっち側に引き戻す存在。
レイコさんは「あっち側」にいたけど、ワタナベとのセックスで「こっち側」に戻ってくる。
私はこう思ってたんだけど、トラン・アン・ユン監督はどうやらそうではなかった模様。
緑役の水原希子さん、とっても綺麗だけど現実感がなく、生きている感じがしない。
原作では、生命力にあふれて力強い女性だったように思ったので、このギャップに戸惑ってしまった。
レイコさんも、すごく女性的で綺麗なのが、そもそも違うんじゃないかと思ってしまった。
あと、どうしてもそれはないだろってのがラスト。
原作と同じセリフを使いながらも、全く何も伝わってこなかった。
「こっち側」で生きていく、そいう覚悟で、緑に電話をかけるワタナベ。
しかし、緑に「いまどこにいるの」と聞かれ、何処にいるのか、うまく応えられない。
こっち側にいるつもりなのに、あっち側から逃れることができない感じ、だと思っていたのですが。
映画では、観客も見慣れたワタナベのマンションの一階の電話にいるのが眼に見えてしまうので、
このニュアンスが伝わらなかったと思います。
例えば、レイコさんを駅まで送って行くことにして、
今まで出てこなかった場所で電話をかける、というようにすれば
よかったのではないでしょうか。
他にも、時代背景が生きてない!とか、なんかいろいろふつふつとありますが
ともあれ、不穏な感じとか、気持ち悪さとか、
そういったものを映像で見せてくれたってだけでも
良い作品なのではないでしょうか。
映画「ノルウェイの森」公式サイト

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
著者:村上 春樹
講談社(2004-09-15)
販売元:Amazon.co.jp

Posted in 日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment