2011年1月

1/2ページ
  • 2011.01.31

冷たい熱帯魚@テアトル新宿

死体を解体する場面で平然と笑える映画に出会ったことがありますか?私は出会いました。 そんで、今でも思い出すとちょっと笑いつつ吐きそうになります。 血だらけの人間の骨、臓物、肉片…おぉおお… しかしそれでいて、清々しい気分でもあるんです。なんなんでしょう、これ。 公開翌日の日曜日、どうしても我慢できなくて他の用事を抜けて駆けつけました。東京ではテアトル新宿でしか上映してい […]

  • 2011.01.31

Life現代ゼミナール vol.1 -承認社会の承認されない私−

毎月最終日曜日の深夜にTBSラジオで放送している、文化系トークラジオLifeのイベントに行ってきました 。 大人気の番組だし、初めての「講義形式」のイベントということで、チケットはあっという間に完売。 仕事中、奇跡的に(?)集中力が切れたときにtwitterで追加発売を知り、打ち合わせを2分遅らせてまでe+と格闘して、どうにかチケットを手に入れました! ふう、よかった。 追加チケット発売時刻(会議 […]

  • 2011.01.29

『進撃の巨人(1〜3巻)』諌山創

昨年から、最も注目を集めている作品、といっても過言ではないと思う。 少年マガジンで現在も連載中で、2011年マンガ大賞にもノミネートしています。 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。 人間を食べる巨人達から逃れるため、壁を何層にも作った街を作 […]

  • 2011.01.16

ソーシャル・ネットワーク@新宿バルト9

世界を変えたアイディアが形になってゆく、スピード感あふれる映画!同時代の現在だからこそ、見るべき作品です。   全世界で5億人が利用しているという世界一のトラフィックのあるSNS、Facebookの誕生を人間ドラマとして映画化した作品です。 公開翌日の今朝、早速観てきました。 ハーバード大学の秀才、マーク・ザッカーバーグが、失恋の恨みと酔った勢いで大学寮の名簿をハッキングし、女 […]

  • 2011.01.13

山口晃展〜東京旅ノ介@銀座三越 催し物会場

風景画にふんだんにまぶされた妄想にほっこり満足してかえってきました。 ーーー こんな素敵な展示があるなんて、すっかり見落としていたところ、 つるちゃんが誘ってくれて、最終日の1月10日、閉館ギリギリに行ってきました。東京旅ノ介@銀座三越 なので、もしこれを読んで行きたいと思っていただいても もうやってませんごめんなさい。。 東京タワーとお寺が合体したような、 なんとも可愛らしいイラストがチラシに使 […]

  • 2011.01.04

切り取れ、あの祈る手を/佐々木中

”取りて読め。筆を執れ。そして革命は 起こった。” 2010年に話題になっていた本ですが、お正月休みを使ってやっと読み始めました。 本を読むということはどういう事か、徹底的に語った本です。「他人が書いた本など理解できるわけがなく、もし理解できてしまったとしたら、もう発狂してしまっている。」とし、それでもなお「読む」そして「書く」こととはどういう事なのか。革命の本体は文学だ、 […]

  • 2011.01.04

絶叫委員会/穂村弘

でも、さっきそうおっしゃったじゃねぇか! 表紙のこの言葉に、手に取らずにはいられなかった。 だって、ものすごく強い言葉。しかも一瞬間を置いて思わず笑っちゃう。 そして本のタイトルは『絶叫委員会』 もろタイプ。これは即買でした。 穂村弘さん 歌人で、散文なんかも出版されてます。 雑誌とか、文庫本の解説なんかで目にしたことがあるような。 しっかり本を買ったのははじめてでした。 日常の中にぽっと現れる、 […]

  • 2011.01.03

キック・アス@横浜ブルグ13

帰省ついでに新しい映画館へ行ってまいりました。 年越し前から、新年最初の映画はこれって決めてた。 なんか勢いづきそうだから。 「映画に行くよ」と母に行ったら 「映画みたぁい、最近みてなぁい」と甘えた声で言われたので そうかいそうかい、じゃあいくかい、と連れていくことに。 はたして、新年早々、母と二人で観るのにふさわしい映画なのかと 若干不安な気持ちで映画館へ。 キック・アスとは・・・ 普通のオタク […]

  • 2011.01.03

ハーブ&ドロシー@渋谷イメージフォーラム

お正月休みとはいえ いや、お正月休みだからこそ、 やらなきゃいけないことは山積みだったわけですが、 全部サボったら暇になったので、映画を観ることにしました。 ハーブ&ドロシー NY在住の実在の夫婦のドキュメンタリー。 郵便局員のハーブと図書館司書のドロシーは 小さなアパートでのつつましい生活の中で、 2000点以上のアート作品を書い集めた。 彼らが買ったアーティストは、今や20世紀アート史の重要な […]

  • 2011.01.03

ゴスペル@寿町

新年、いかがお過ごしですか?  私は、年末に寿町というところで歌ってきました。 久しぶりに大声で歌ってすっきり!  カントリー・ロードや、あの素晴らしい愛をもう一度、 『コリーナ、コリーナ』って映画に出てくるゴスペル曲(曲名忘れた)など、7曲くらいを、20名ほどでちゃんとハモリながら熱唱しました。  このイベントは、高校時代の同級生が 10年越しで参加しているという、 […]