2011年8月

  • 2011.08.28

部屋

庭に木や草が生い茂る一軒家で、夕方になると風が吹き抜ける縁側が気持ちよく、あちこちから猫たちが集まってくる。首輪をつけたものも、ところどころ毛が抜けて野性味あふれるものもいる。アップライトのピアノとフルートがリビングの隅にいつも待機していて、奥の和室には壁一面の本棚。日本文学とラテン・アメリカ文学を中心に、旅をテーマにした本、写真家やアーティスト、もしくはその妻が書いた夫婦についてのエッセイ、写真 […]

  • 2011.08.26

ひとりでいるほうが楽だから

数ヶ月ほど前までは、ひとりでいちゃいけないんだ、という思い込みと、自分がひとりでいるのが好きだということとの葛藤で悩んだりもしたけど、最近はなんの抵抗もなくひとりで過ごす日を増やせるようになってきました。個性、とか、クリエイティブ、とか口では言いながらも、内心はみんなと違う部分を無理やり矯正することに必死だった若者期から、ちょっと大人になって自分を受け入れられるようになったのかなと思います。 もち […]