ゲイリーの稼ぎ方(フォレスト出版)

NO IMAGE

部長に渡されて、ゲイリー・ヴェイナチャックってだれ?
と思いながら読み始めました。

日本で有名なのかは知りませんが、
彼はtwitterFacebookUstreamなど、ソーシャルメディアを使ってビジネスを成功させた

ソーシャルメディアで世界一稼いでいる男」として

アメリカでは有名だそうです。

なんでも、twitterなどのソーシャルメディアを活用してワインを売って 何十億も儲けているといういではないですか・・・!

「会社でやりたいことをやろう!優秀な社員になろう!」
↓↓
「死なない程度に稼いで、生活に影響がでない程度のストレスで抑えよう。  会社は労働。仕事は他にさがそう」

あまりにも少ない給料や労働環境から、こんなマイナー心境チェンジをした私はお金を稼げるのならよもう、と、ゆるっと読み出しました。

そして気になること。 どうして、「気」が全部「氣」になっているのでしょう?! 「元氣」「勇氣」「英氣」・・・・お、落ち着かない!

ま、それはおいといて。 まずいっておくと、 この本はビジネスマンに稼ぐ技術を教える本ではありません。

稼ぐってことがどういうことか、精神論から教えてくれて、 背中を押してくれる本、という方がイメージがしやすい氣がします。
( ゚д゚)ハッ!「氣」

まあ、あまりにもネットサービスに疎い、という訳でなければ 「そんなの知ってるよ」という知識ばかりかと思います。
「優秀」なビジネスマンたちは、使える知識がなければ意味ないよ!とこの本を一蹴するかもしれません。

しかしだ。 それは相当問題だと思う。

だって、誰だってちょっといじれば ソーシャルメディアの使い方なんて分かるんです。


でも、誰もがそれらを使って何十億も稼いでる?


いや、そんなことできてない。


じゃあ、一部の相当優秀な人じゃないと出来ないの?


いいえ、誰でもできるんです。

この、誰でもできうる。 ということがこの本のキモじゃないかと思います。

ゲイリーは主にプロモーションの手段としてソーシャルメディアを使って ワインを売って成功しましたが、 彼は言います。

売る商品がなくても稼げるんです。

これについては、本の中で、釣りが大好きな人の場合、という例を使って 分かりやすく述べられている。 要点だけ言うと、パーソナルブランドを築いて、それ自体を価値とすればいい。 ということ。 そして、パーソナルブランドを築く際の注意点や心構えなんかも書いてある。 これ、ビジネスマンに限らず 野心のある人、誰もが読んでみるといい本だと思います。 背中を押してもらえます。
 
〜Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男〜ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)〜Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男〜ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)
著者:ゲイリー・ヴェイナチャック
フォレスト出版(2010-07-06)
販売元:Amazon.co.jp

日記カテゴリの最新記事