絶叫委員会/穂村弘

NO IMAGE

でも、さっきそうおっしゃったじゃねぇか!

表紙のこの言葉に、手に取らずにはいられなかった。
だって、ものすごく強い言葉。しかも一瞬間を置いて思わず笑っちゃう。

そして本のタイトルは『絶叫委員会』
もろタイプ。これは即買でした

穂村弘さん
歌人で、散文なんかも出版されてます。
雑誌とか、文庫本の解説なんかで目にしたことがあるような。
しっかり本を買ったのははじめてでした。

日常の中にぽっと現れる、絶妙な言葉たち。
何気なく聞き流してしまいそうなそうした言葉たちを、
鋭い感性で切り取って見せる、秀逸なエッセイ集です。

電車の中で聞こえる「なんじゃそりゃ!」な会話だとか、
立て看板や電柱の広告の妙な言葉、
パニックに陥った人が口走ったおかしな一言。

一つ一つが面白くて、声をあげて笑いながら一気に読んでしまいました。

ここで取り上げられているような言葉たちには
誰もが日々接しているはず。
でも、それをいちいち指摘できるほど
言葉への感度が高い人はそうそういない。

著者は、愛すべきおかしな発言をぶっぱなしまくる
同級生に羨望し、自分にはそれらをメモすることしかできない、と嘆く。
 
でも、そうした些細な言葉に気づける感度と、
冷静に、ユーモアたっぷりにそれらを紹介する技術には
静かな自信を持っているように思え、なんだか著者に興味が湧きました。
小説も文庫化されたようなので、ぜひ読んでみようと思います。

絶叫委員会絶叫委員会
著者:穂村 弘
筑摩書房(2010-05)
販売元:Amazon.co.jp

読むカテゴリの最新記事