Feb 26, 2011

RE:TTLECREATURES@恵比寿LIQUIDROOM(2011.02.24)


LITTLECREATURESは、UAとかコトリンゴとかいろんなアーティストに楽曲提供をしているバンド。今回は、「対バンお願いします」企画の第一弾だそう。

あたしこのライブに行っといてなんだけど、LITTLECREATURESをあんまり知らない。彼等の曲、一曲も聞いたことない…。あ、もちろん楽曲提供してるのは知ってるけど。UAのトンネル抜けてとか?

そんなわたしなので、対バン目当てで行ったのであります。今回出てたのは、ZAZEN BOYStoeでした。
どっちも生で見るのは初めて。

ZAZENもtoeも、「好き」って意識したことはなかったんだけど、もちろんipodに入っているし、生活に入り込んでいた音楽だったので、まとめて見れるならお得だ!と、身を切る思いでチケ代を振りこんで行ってきました

(´;ω;`)<ビンボーだけどね

ZAZENは、ギーター側の最前列にいたんだけど、カシオさんの壮絶プレイが間近で見れて本当にかっこよかった…!大御所だし当たり前かもしれないけれど、バンドの演奏に圧倒されました。特にHimitsu Girl’s Top Secretで、演奏をなんども止めて、間を作ってバンドを操る向井指揮者のところがすごくよかった。ZAZENBOYSは祭ばやしみたいな音楽だと思ってたんだけど、意外と踊れなかった。圧倒的な演奏に、聞き入ってしまった。「daruma」では、曲名を「だるま」って言ったあとちょっと演奏して停止。また「だるま」って言ってまた演奏が始まる。激しく演奏を終えたあと、向井さんが深く頷きながら、確認するように、「だるま。」って締めたのがかわいかった。ってのを、ただ見つめてた。

最後の「Asobi」では、女と出会うくだりのところで向井さんと目があったことだし、大満足の演奏でした。そして、演奏が終わってもずっと頭の中では「遊びたりな〜い♪」でした。

↓Asobi

 
toeはわたしの中では、長時間電車にのるときにじっくり聞く音楽だった。景色が横向きに変わっていくのと、すごく相性がいいな、と思ってた。だから、ちょっとアンニュイな気分の時に聞いてたんだよね。しかし、ライブが予想以上に激しくて圧倒された…!
一曲目から何回絶叫していたんだろうか…。
基本インストだから、歌はない。歌があるとしても、それは数ある楽器のひとつとして扱われる。 叫び声も、そう。楽器の演奏者も楽器であって、みんなが全身全霊で「音楽」をやっている。感動的でした!
ほいで、ほぼすべての曲を知ってる自分に驚いたんだけど、一曲も曲名が思い出せない。toeの曲名を意識して聞いたことがなかった。でも一曲一曲が違うことを訴えているのは分かる、気がする。

↓これやった気がするんだけどほんとかな?「孤独の発明」

 
で、大好きなバンドが終わったので我慢できなくなってドリンクゲット。最前列を退いて、ビール一気してからのリトルクリーチャーズ

よく知らないんだけど、気持よく身を任せられる演奏で、クラブみたいに踊り狂ってしまった!周り誰も踊ってなかったけどね!英語の歌詞ばっかだし、ってかボーカルを聴かせるタイプの演奏でもないからよく何をいってるのか分からないので、ただただ音の美しさを聞いていました。

↓でもこれは間違いなくやった!「The Sand Cage」
 

ドラムスのイケメン・栗原さんと何度も目があったことだし、大満足でした!

ってなわけで、ライブは最前列で見るにかぎりますな! 

Posted in 日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment