通勤のおとも

NO IMAGE

音楽はぜんぜん詳しくないけど、私なりに好きです。

フルートを結構長くやってたから、なんとなくクラシックは好き。中学の時はbjorkとバッハを交互に聴いている気持ち悪い子だったので、あんまり音楽の話ができるほど詳しくはないけど、なんとなく音楽は生活に入り込んでる気がします。

11月のあたまにクラムボンのライブに行ってから、割と通勤のおともがいいカンジ。クラムボンはスキとキライの間というか、大好きというには少し遠くて、イヤな感じがして聴きたくない時も多いけどたまに聴いてみたらよかったりする、なんか不思議な立ち位置。オリジナルの曲はちょっと強すぎてダメだったり良かったりするんだけど、フィッシュマンズの『ナイトクルージング』のカバーがとってもよかったな。もともと大好きな曲だし、懐かしくなってちょちょ切れでした。

そいで、会社帰りはひと駅歩くんだけど、その時毎日フィッシュマンズのを何度も何度も戻しながら聴いてたら、一回ぼーっとしてて次の曲いっちゃったんだけど、これがまた良かった。今まであんまり聴かなかったんだけど、『WALKING IN THE RHYTHM』という曲で、夜中に暗い道をあるいてるのが楽しくなってきて、テーマソングに任命したいくらいぴったりくる曲でした。深夜徘徊にいい。

あとこれもクラムボンカバーつながりで、ちょうど復活した岡村靖幸の『カルアミルク』から勢いで『どぉなっちゃってんだよ』を忙しいさなかに聴いて乗り切ったり、川本真琴をお風呂で熱唱したり。

音楽はこうしてするすると繋がっていくから楽しいね。

繋がっていくから詳しい人はどこ行っちゃったのか分かんなくて、音楽談義に加われないんだけどね。

でも楽しい。

で、関係ないけど最近俳句が気になるの。

日記カテゴリの最新記事