Stand up!

NO IMAGE

音楽、演劇、映画、アートとかそういったものはジャンルにこだわらず何でも好きです。

わたし自身も、とりつかれたようにフルートを吹いたり、舞台に立ったり、衝動に任せて脚本や小説を書いたり、いろいろとやってきました。だけど、その原動力になっていたものは、そんなに大したものじゃなかったのかもしれないと最近思います。別に、自分の作品をつくって世に出したいとか、そういった思いは特になくて。それよりも、モノを作れる人がどうしようもなく好きだ、という思いのほうがすごく強いように思います。

そういう人たちが、もっと世に出る機会が増えるように、そのきっかけを作るサポートをできるようになりたい。それがわたしの夢かもな、と今日ふと気づきました。ただ情報を伝えることじゃなくて、作品の世界観だったり、その根底にあるものを伝えることがしたいと思います。

そのために、WEBを活用できるような力をつけていきたい。それがわたしの直近の目標です。

バリバリのキャリアウーマンになろうとか、いやいや趣味の時間を確保してそれなりにやってけるOLになろうとか、ふらふらし続けていたけど、やりたい事はそれ。だから、そのために必要なことをひとつづつやっていこうと思います。

まずは、WEBの基本となる知識や技術をみにつけることが必要。PHPとかJavascriptとか、何度もやろうとしてうやむやになってたけど、目標がみえたら自然とやろうと思えるようになりました。何のためにやるのかが見えると、気になったサイトのコードをいちいち見たりとか、すごく楽しい。まだまだ全然何もできないけど、ちょっとずつ、身につけていきたいと思います。

あとは、人にちゃんと伝えたり、相手のやりたいことを汲み取る力もつけなければ。アーティストさんとのやり取りもそうだけど、ビジネスの世界に生きてるオトナたちにもちゃんと価値を伝えられるような、そういう力も必要。何かことを起こす時に資金調達とか、きっと必要だから、そういう部分もできるようになりたい。

さて、じゃあ具体的にどういうやり方があるだろうか。

メディアとして好きだしいいなと思うのは、CINRA.NETとかかな。編集方針がはっきりした上で情報も素早くちゃんと伝えているし、アーティストを深堀りしたインタビューとか、新人発掘のイベントもやっていて、すごく好き。

だけど、アクセス数はまだまだ少ないし、やりようはいくらでもある。

いくらでもあると思う!どうすればいいか全然いま浮かばないけど。

あとは、ロフトワークみたいな形もありますね。アーティストが登録してグラフィックなんかを載せるやつ。仕事してて、クックパッドとかレシピブログみたいなサービスにほんとに魅力を感じるんだけど、それも形としては似ていますね。

きっといくらでも、やり方はある。だから、まずはWEBから始めようかなと思います。

そういうことに今日ふと気づいて一人盛り上がってたんだけど、思い返せば最近、初対面の人と合うたびに、「こういうことがしたいんです!」って上に書いたみたいなことを語ってた気がする…。脳みそより先に口が動いてるから困っちまうね。頭悪すぎて困るわ。魚食べよう。

▽やるぞ!って気分にもなるし、こうなりたいという目標でもある曲

http://youtu.be/VFqiN7cffNs

日記カテゴリの最新記事