ドライバー@下高井戸シネマ

NO IMAGE

5月くらいに公開されていた映画ですが、今週下高井戸シネマで上映中です。

冒頭の30分くらいだけで大満足でした!!

主人公は、カーアクションのスタントマン。しかし裏の顔があり、夜は車で強盗を逃がす“逃がし屋”として働いていた。

そんな彼が隣人のトラブルに巻き込まれていくうちに裏社会のやばいところまで知ってしまい…という感じのお話。

男心をくすぐる「かっちょええ!」っていうシーンの連続で、フェティッシュ映画みたいに言われる作品だけど、何を隠そう私は「プロの仕事」フェチ。「業務用」って書いてあるだけで欲しくなるし、「プロ」って感じのすべてのものに弱い。どうでもいい話だけど、名刺交換の時にやたら低い位置から名刺を差し出してくる営業マンに萌える。そういうタイプです。

だから、初めの“逃がし屋”としての仕事の場面は、もう!ニヤニヤしっぱなしでした!あんなかっこいいカーチェイスシーンは見た事ないです。

すぐにパトカーに見つかって、とにかくスリルと勢いで追いかけっこをするというのが王道だけど、この作品は全然ちがう。複数のパトカーに探されている状態でまさかの停止をするし、大型車の影に隠れてするっと逃げるし、見つかったら見つかったで素晴らしい運転技術でやり過ごし、でも慌てずに物陰に隠れてヘリをやり過ごしたり…。

これを、すべて車の中からの映像で見せるから、観客も、主人公と同じ視線からしか状況が見えない。メタ視点がないから、どれくらいの距離にパトカーがいるか、といったことは盗聴している無線からしか知ることができなくて、同じ情報しか持っていない中で主人公がどういう判断で動くのか、というところの「プロ感」がより際立つ。

多くを語らないクールな表現、大げさではないけれど芯を抑えたバイオレンス描写、独特の色彩と画作りなど、映画自体も抑制のきいた、しかし確実にツボをついてくるプロ感に溢れてて、良い作品でした。いろいろな映画へのオマージュも詰まっていて、私はトレイン・スポッティングとかタクシードライバーなんかを連想したくらいだけど、もっともっといろいろな映画の影響がみられるらしいです。

しかし、しかしだね。

中盤から私、あんまり乗れませんでした…。

いいカンジの仲になる隣人アイリーンの夫が刑務所から出てきたくらいから、主人公が何のために動いてるのか見失ってしまう感じで。

あと、マフィアの人たちも人間臭かったりしてすごくいいんだけど、いいんだけど、、ごめん!あんまりそのおっさん達の話に興味が無かった。ユダヤ人のおっさんのコンプレックスとか。。。うん。

わたしがドライバーの「プロ感」に期待しすぎた、というのもあるかもしれない。プロのいいところは、弱点があるということで、だから運転がずば抜けている主人公は、例えば殴り合いになると弱いとか、そういうところがあって欲しかった。その上で、ドライバーならではの知恵や判断力で乗り切る、みたいな。この主人公、やたら強くて銃を持った相手にも勝っちゃうし、強そうな人を顔踏みつけて殺しちゃうし、全方向に優れていて、なんだかあんまりときめかなかった。部屋で機械の修理してる寂しげなところはちょっとよかったけど。

ジョニー・トーの作品のように、登場人物がそれぞれの信念で動いている感じや殺し屋としてのプロ感があるものは大好きだし、『哀しき獣』のナ・ホンジンとかのいくつかの韓国映画に見られるように、主人公がどうやっても逃れられない状況に追い込まれて暴力沙汰に巻き込まれてしまう、そんな中で自分に出来ることでどうにか切り抜けていく、みたいのも好き。しかしこの作品の場合、主人公がなんであんなに問題に深入りしていくのか納得が行かないままことが進むので、途中で冷めてしまった。

その、主人公が何のために足を突っ込むのかわからない感じ。

それについては、ライムスターの宇多丸さんのポットキャストを聞いたらハラオチしました。

5/26 ザ・シネマハスラー「ドライヴ」

え!!!主人公って、そんなにアイリーンのこと好きだったんだ!!!!

「好きな女のために戦う」って、そういう話だったんだ!!!

初めて知ったわ!!!

アイリーンが主人公に惚れてるのは分かるんです。合う前にちょっと髪をピンで止めてみたりとか、微笑みかけたりとか。

でも、車で手をにぎるシーンでも、手を握ったのはアイリーンの方で、主人公は握り返したりしてないんですよ。

だから、アイリーンは主人公を好きだけど、主人公はただ受け入れてるだけで、そんなに興味はないんだろうな、と…。

そう思っていたんです、わたし…!

「ストイックな男の愛」って、知らんがな…。全然気づかなかったよ…。

あのう、もしかして、わたし、男心分かってなさすぎる…?

怖くなったから考えるのやめます。笑

冒頭の、プロ感あふれるシーンで流れている音楽です。かっこいい。

観るカテゴリの最新記事