ひとり旅は、これでおしまい。(たぶん)

NO IMAGE

日常がひとり旅みたいなもんなんで大してめずらしくもないですが、

ふらっと、長崎と熊本にひとり旅をしてきました。

村上春樹は、旅はどこかに行って戻ってくるから旅なんだ、といっています。

元の場所に戻ってくるけれど、行く前とは何かが変わっている、それは小説を書くことにも似ている。

私は、旅立つ前と何が変わっただろう、と考える。

そうだ、一番大きかったのはこれだ。

「運転できるようになりました!!!」

免許をとってから5年近くたつものの、

初めての運転のときに逆車線を走ったり急ブレーキを踏みまくるなどの失敗をしたため

親や友人により固く禁じられていた運転。

今回、やむ終えず挑戦することになったのです。

長崎の離島の福江島に行ったのですが、

そこではバスは一時間に一本で車意外に交通手段がありません。

さんざん悩んだのですが、

宿のおじさんに比較的運転が簡単そうな道を教えてもらって、運転してみたんです。

意外とできたよ!!!

まあ、田舎道だったのでできて当然ではあるのですが、

くねくねの山道も走れたし、バックで駐車もできたし、Uターンもできたし、

きついカーブもブレーキ踏まずアクセルの調整だけで曲がれたし、

これはもう、交通ルールに詳しい人が助手席にいれば、都会でも運転できるレベルですよ!

ひとつ大人になった!!

Dで前に進んでRで後ろに進んで、停める時はPにしないと鍵が抜けないんですよ!!

 完 璧 ! !

トンネルで、ライトがちゃんとついてたかは未だにわかりませんがね。。。

そんなドキドキの福江島を満喫して、長崎でちゃんぽん食べて熊本へ。

大学の友人の結婚パーティーに参加させてもらいました。

二人の出会いのきっかけとなったお店で、常連さんがみんな集まって、

とってもアットホームなパーティーでした。

たくさんの人たちと仲良くなって、お店もとってもすてきで、

二次会ではおしゃれでフードもおいしいカラオケ、そのあとすてきなバーでお酒をいただいて、

愛の巣に泊めていただきました!!

・・・なんだろう、邪魔しに行っただけな気がする。。

しかし、私はとっても楽しく過ごしました!お二人ありがとう。

運転を覚えてしまった今、なんというか、ひとり旅ループにはまってしまいそうな気がしているので、あえてこれを最後のひとり旅にしようかなと思います。

なんというか、これ以上ひとりでいろいろやってたら、ひとりが好きだと思われてしまう気がしましてね。

好きでひとりでいるんじゃないやい!

これ以上ひとり行動してたら寂しくて死んでしまいそうですよ。

酷いめんどくさがりだから、皆があたしのこといらないんだったら、生きるのめんどくさくなるもんね。とんずらしたくなっちゃうね。

ちなみに、今回の旅は、五島ZINEというものを発行してらっしゃるみなさまに五島情報を教えていただきました。

また、熊本では幸せなお二人の友人の皆様ともじっくりとお話しさせていただきました。

そうしてると、やっぱり東京を離れたいという思いがむくむくとわいてくるんですよね。

ただ、両親は親戚付き合いがほとんどないし、

いてもみんな九州だから、わたしはあんまりあったことない。

コネもなく、職もなく、地方では生きていかれませんから、相当ハードル高いですね。

東京にいるのは簡単。

決して楽ではないけれど、強い精神力や何かがあれば東京で生きていける。

長生きはしないかもしれないけれど、とりあえず、いることはできるし、選ばなければ仕事はある。

でも地方で生きてくのはとっても難しい。

なにか一芸に秀でていてフリーランスでやっていけるとか、

家業があるとかでなければ、どうやって生きていけばいいのだろう。

すごく、試されるような気がする。

親戚のいない土地で、根無し草のように育って、

誰もが匿名の東京でひとりでずっといると、すっと自分が消えそうになるので、

どこかの土地に根ざすことができたらいいな、と夢見てしまいます。

日記カテゴリの最新記事