居てもいい場所、夜遊びを続けるために

NO IMAGE

いいオトナなので、現状に不満があれば自分で変えられる。

だから、たぎらせるような不満はない、はずだ。

会社に自分の席があり、自分専用のキッチン・バス・トイレ完備のマンションの一室があるというだけで十分贅沢だと思うし、満足はしている。

それでも、やっぱりそれ以外の「居てもいい場所」を手に入れたいと思ってしまう。

ここ数年音楽が好きで、

ライブハウスやクラブに行くのが毎週末の楽しみになっているのだけど、

そういった場での、音楽をやっている人しか居ては行けないような雰囲気が漂うときに心臓が縮こまるような不安を感じる。

「どうしてここにいるの?」と問われると、

お金を払っているから居させろ、と、外部からやって来た侵略者の気分になり、

来てしまってすみません、という思いにとらわれてしまうのだ。

それでも、音楽のある場にいたいので、どうにか居てもいい理由を見つけたい。

DJになってみるか?

でも音楽に詳しい訳でもないし、独学でできるものなのか不安。

楽器をやりたいけれど、メンバーが集まらなければ何にもならないし、

そもそも魅力的な曲がかけなければメンバー集めの声かけすらできない。

できる楽器はフルートとピアノだけだし。

それかフードを出店できるくらい料理に磨きをかけて資格でもとるか?アクセサリーでも作って売るか?絵を描いてフライヤーのデザインを買って出るか?ラップやるか?歌うか?写真をとるか・・・?

選択肢は無数にあるけれど、どれもピンとこなくて

結局、客席で踊るしかできない。

それ以上のものは

特に誰に求められている訳でもないのだから

やらなくてもいいんだけど

強烈に、何かやらないといけない気にさせられる。

それでもやっぱり、そこにいたいんです。

ただの客としてじゃなくて、

そこに居る理由が欲しいんです。

うーん、今日も答えが見つからない。

安全圏にいたい訳ではないのに。

日記カテゴリの最新記事