2015年

1/3ページ
  • 2015.12.17

しなやかに暮らしていく方法

渋谷はタバコ無法地帯なので、渋谷に勤めていると、どうしてもタバコの煙を吸ってしまいます。   アレルギー体質な上に、会社の飲み会でたっぷり副流煙を吸い込んだことで鼻炎が悪化しているので、どうしても鼻が反応してしまいます。   今までは喫煙所が近づくとクンバカの練習!とばかりに息を止めていたのですが、楽に、ハンカチで鼻と口をふさぐようにしました。 本当に吸って欲しくない時は、相手が不快にならないよう […]

  • 2015.12.12

旦那さんの家事休暇

「年末年始は、何もしなくていい日が欲しい」と、旦那さんがポツリともらしました。 もう師走も佳境でバタバタだし、もう旅行に行くにも予約が埋まってるだろうし、家にいるしかないかな?と思っていたら、旦那さんは家事に疲れてしまっていたようで、家から離れたいということ。 ふーん、そっかー。なんて私がのんきに言っている間に、旦那さんが驚くべき手際の良さで安くて良さそうな穴場の宿を見つけ出して、レンタカーも予約 […]

  • 2015.12.11

片山洋二郎先生の、ゆるめる整体の本

杉並区の図書館って、とっても便利なんです。 高円寺の駅から直結のところに出張所があり、インターネットで予約しておいた本の受け取りや、借りている本の返却ができます。前に住んでいた地域にはなかったから、ありがたく使っています。 朝は9時から、夜は8時で閉まってしまうけど、近所なのでギリギリ立ち寄れます。普段働いていると、なかなかこういう公的なサービスを受けられないのでうれしい。   そんなわけで、最近 […]

  • 2015.09.17

ちょっと“忙しめ”なWEB業界会社員が、毎朝マイソールに通うためにしたこと、やめたこと

平日は10時から19時までの会社勤めで「残業」という概念が無いくらい、遅くまで働くのも当たり前の環境です。夜遅い人=頑張っている、という会社の雰囲気もあります。終電やタクシー帰りも当然で、早朝にヨガの練習なんて絶対に無理、と思っていました。 そんな私が、約3ヶ月で朝マイソール(早朝のアシュタンガヨガの練習です)に毎朝通えるようになるまでにしたこと、その過程で起こったことを、メモしておきます。 &n […]

  • 2015.09.16

自分の身体は“自分だけのものではない”ということ

ヨガの練習を始めるまでは自分の身体をぞんざいに扱っていました。   徹夜は辛いけど、仕事のためなら当然だよね、とか、タクシー帰りが続いたら生理が止まるけどしょうがないよね、とか。夜中にようやく仕事が終わったらお酒を飲むこともあったし、タバコが習慣になっていたこともあります。食事をとる時間ももったいないし、菓子パンおいしいしそれだけで十分でしょ、とも思ってました。   「身体を大 […]

  • 2015.09.04

動くことも癒やしになる

体調が悪い時、かつての私は”寝る”もしくは”薬を飲む”という解決方法しか知りませんでした。 ヨガを始めてからも、しばらくは癒し系のヨガ、動きの少ないリラックス系のヨガが、体調が悪い時にはいいんだろう、と思っていました。   それはそれでもいいのですが、身体が重苦しい時にあえて動くというのも癒やしになるということを実感しているここ最近です。   酷暑から一変、突然涼しい日が増えてきて、かと思ったら暑 […]

  • 2015.08.17

都会のエアポケット

仕事がバタバタで、息を切らせて駆け抜けた月曜の夕方。 三軒茶屋駅直通の、キャロットタワーの展望ラウンジにて、カヌレとカフェラテでひと休み。 飲み物を頼まなくてもくつろげる椅子もあるし、コーヒーもドトールくらいの値段で、クラシック音楽と世田谷の景色を見ながらひと休みできます。 こういう都会のエアポケットを見つけるのは得意。文字どおり、本当に目が回るほど駆け回る仕事だけど、なんとかやっていけるのはこう […]

  • 2015.08.13

夏だからこそ、内から温める

毎年夏の暑い時期には体調を崩しますが、今年は乗り切った…と思いきや、しっかりと疲れはたまっていたみたい。 お盆前からの仕事のバタバタを乗り切ったお盆半ば、先週までの気温38度なんかの猛暑が和らいだ途端に、溜まった疲れが出てきました。 身体がぐったりと重く、太陽礼拝するだけでも苦しい。それどころか、スタジオに向かう信号で、いつもなら青信号に間に合う距離でも力が出なくて間に合わない。 時間の流れ、周り […]

  • 2015.07.30

多忙は怠惰の隠れみのである

がーんと衝撃を受ける言葉に出会いました。 「多忙は怠惰の隠れみのである」という言葉。   糸井重里さんの昔のコラムです。 「多忙」な時っていうのは、現実的な問題がいっぱいあって、それを現実的に解決したり、解決しかかっていたりしている状態だ。そういう時というのは、達成感もあるし、幸福感もある。ちっぽけなヒロイズムも満足させてくれるかもしれない。 だが、そういう時に欠けていきやすいものがあるのだ。それ […]

  • 2015.07.29

インドカレーの楽しみ方

フランス料理にはフランス料理をいただく作法があり、カップルだったり仲間と談笑しながら時間をかけて食べるのが良いように思う。和食にも和食の作法があり、しずかに会話を楽しみながら、一口一口丁寧にいただくのがよさそう。 実はタイ料理にもタイ料理の作法があって、2度ほどタイを旅行してから、右手にスプーン、左手にフォークで元気に食べるようにしている。   2年前にインドに旅行に行ってから、大衆食堂的なインド […]

1 3