Feb 25, 2015

子育て中の方と、子どもたちが平和でありますように・・・


平日の昼間、会社に戻るために宮益坂上の交差点で信号待ちをしていたら、小さい子供が国道246号線にさっと飛び出して思わず「危ない!!」と叫んだのだけど、ちょうど飛び出した時は車の流れが途切れたところだったので、その男の子は鼻歌を歌いながら戻ってきた。その背後をビュンビュン車が通り過ぎていて、本当に怖かった。

 

その子は歩道に戻ってからも道行く男の人にぶつかったりしながらウロウロしていて、誰かがお父さんなのか?と思ってみていたけど、だいぶ遅れてゆっくりと角から現れた、赤ちゃんの乗ったベビーカーに飛びついて、よく見たらベビーカーを押している女性に顔が似ていた。たぶん、お母さんだったのだろう。

 

その後も、歩道で動き回りながら、今にも飛び出しそうになる男の子から目が話せずにいたのだけど、ちらっとお母さんらしき女性を見ると、まったく無反応。人混みの一番後ろから動かず、顔は青白くて、こわばったまま表情は動かない。全く声も出さない。

 

その後、信号が青になって、男の子は飛び出していったけど、見晴らしもいいところだし無事に渡っていった。しかし、その先の路地裏は、狭い道だけど車通りが多い。にも関わらず、彼はふざけながら走り回りながら、周りを気にせずに行ってしまう。

そして、その後ろを、ゆーーーーーーっくりとベビーカーを押していく女性…。

 

会社の辺りまで方向が一緒だったので、注意して見てはいたけれど、女性は一度も声も出さず、表情も変わらなかった。ぞっとした。

 

何か重い病気なのかもしれないけど、もしかしたら、育児ノイローゼなのかもしれない。正気を保っていたら、いつ事故にあってもおかしくないような動きをしている男の子に対して、あんなにも何もせずにいられるはずがないと思う。

男の子の暴れ方も、3~4歳位でやんちゃの盛りとは言え度が過ぎていたし、なにか障害があるのかもしれない。

 

もし、女性に何か声をかけてあげられたら、何かが起こっただろうか。

だれか相談出来るひとはいますか?1日でも、どなたかにお子さんを預けられますか?

そう声を掛けたかった…。

 

もし男の子が事故にあったら、彼女は、余計に自分で自分を許せないのではないか。もう必要以上に、自分で自分を攻め続けて、ボロボロになっていたのではないだろうか…。

 

何もできない自分が悔しかった。

Posted in 日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment