Dec 6, 2016

悪・霊・退・散!


肩こりの原因が幽霊、という記事を筆頭に質の低い記事を量産して炎上し、運営会社のほかメディアも含めて記事が非公開にされるという大事件に発展してしまった「WELQ事件」というのがありました。

少なからずWEBメディアに関わるものとして、人ごとと思えず、今は苦しいけれども、WEBの世界がより良くなる布石になるように祈ってます。祈るだけじゃなくて手も動かしてます。検索するの好きだから、WEBの情報がもっと楽しく、役立つものになってほしいし、そうなるように働きかけていたい。
 

ところで、私はどうしてこんなにストレスに弱いんだろう、とここ数日悩んでいました。
何かが引っかかる。ちょっとしたことでものすごくイライラしてしまったり、人にも優しくできない。余裕がない。
 
精神的なストレスが大きすぎて、家に帰っても素直に寝られない。

体に悪いものをあえて食べようとしてしまったり、とにかく心のご機嫌を取らないといけない。
たいていのストレスは早く帰ってゆっくりお風呂に入って、翌朝の練習にいけばなくなる私ですが、それも効果なし。
むしろ、練習に行くことも負担になり、今週は休もう、と決めたところ。

ちょっと前まで、会社員が向いていないんだ、会社での仕事さえなくなれば解決するんだと思い込んでいましたが、それもどうも違う気がする。
 
なぜだろう、と考えていて気づいた。
 
 
これは、、、、悪霊に憑かれているのだ!!!
 
 

今までも、言葉の端々ににじみ出ていたかと思いますが、前職が過剰な労働時間とパワハラという、最悪なブラック企業でした。
その時に言われたこと、あった出来事によって思った以上に心身が蝕まれていたようです。

それに気づいたのは、最近の仕事の悩みを旦那さんに話しているとき。
業務を進める上で必要な意見だとしても、最近の私はどうも、主張することに難しさを感じています。
色々な思いが渦巻いてしまって、自分でも訳がわからないくらい考えて考えて、深みにはまって、ストレスをどんどん溜め込んでしまいます。
やっとの思いでそれを伝えても、「お前の独りよがりだ」「思い込みでものを言うな」「お前一人が能力が低いせいでまわりが振り回されるんだ」「そんなんだからお前と働きたい人はどこにもいなくなるんだ」と言うような言葉が頭の中でぐるぐるして、せっかく周りが助けてくれようとしても、素直に受け入れられないんです。

 
 
はい、これが悪霊です。
前職の異常な労働環境とパワハラ発言の数々が、ちょっとストレスがかかる状況になるとうわーっと出てくるんです。

当時、周りの同僚や、他の部署の人々、そして旦那さんは、親身になってくれていました。
特に旦那さんは、私の今後まで見越して、「ちゃんと怒鳴りつけたの?相手にちゃんとキレないとダメだ」「やばいやつだと思われてもいいから、全部ぶち撒けろ」「そんなこと言われて、言われっぱなしはダメだ。明らかに相手が言っていることが変なんだから、怒っていいんだ」と言うことを常々言ってくれてました。「労働基準監督署には訴えた方がいい。裁判するなら弁護士も紹介する」とも言ってくれました。

 
 

しかし、私はそうしなかった。
長時間労働と、一人に押し付けられる責任の重さなどから判断力を失っていた私は、あろうことか、「自分が悪いのかも」と思ってしまっていたんです。

いや、わかんないですよ?パワハラしてきた人たち以外は、「お前は無能だ」とは言って来なかったし、どちらかと言うと親身だったというのはありつつも、もしかしたら、よっぽど私が無能なのかもしれない。仕事が絶望的にできないのかもしれない。

 
 
でも。でもさ。

 
 
もしそうだったとして、、、、

 
 

そんなん、知ったこっちゃないですよね。笑

 

私は私の人生を生きている一人の人間なんだから、
誰かの理想通りに何から何までできるわけではない。
 
一日にできる仕事の量は限られているし、能力には限界があるし、いくら期待されようが、それは相手の都合。
相手の期待に私が合わなかったって、別に私が悪いわけじゃない。
 

相手の「これが正解」「こうあるべき」と言うのは、あくまで相手の問題であって、
私には、私の正解がある。
 

「なんで俺の思い通りに動かないんだ!!!」っていくらがなりたてられても、
「知らんがな。それはあんたの問題で私には関係ない。勝手に言ってろ」で、OK。
ほんっとうにOK。

 
給料もらってるし、とか、関係ない。
それは労働の対価だから。別に脅し取ったりだまし取ったわけじゃないから。
私はちゃんと働いてたし、それで不満ならそれは雇い主側の問題でしょ。

 
 
「毒親との決別のために、溜め込んでいた思いを手紙にすると効果的らしいよ。それ応用したら?」と言う、これまた旦那さんのアドバイスにより、この記事を書いてみました。

これで、悪霊退散できたかな?
1年越しの悪霊め。もうこれで最後にしたいな。

Posted in 日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment