観る

1/3ページ

ストレスを増幅させないテクニック、コーピングとマインドフルネス

NHKスペシャルの、「キラーストレス」という特集を見ました。 ストレスが引き金になって死に至ったり、心筋梗塞や脳出血などの重篤な病につながることが分かってきたので、そのメカニズムについての解説と、ストレスをキラーストレスにしないための対処法の紹介がありました。 再放送もあるようなので、見逃した方は必見ですよ! 番組のサイトはこちらから。 キラーストレス チェックという、ストレスチェックもできます。 […]

  • 2016.04.24

琴線にふれる

長いことサラリーマンをしてしまった。結婚もしてしまった。 分厚い幸せの皮にやさしく包まれて、 かつての儚く、壊れやすい感性のようなものは深く埋もれるようになってきて、 自分でもその存在を忘れてしまったような、失ってしまったような気がしていました。 しかし、岩井俊二監督の新作、「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観て、じわじわと嬉しくなった。 忘れかけていた、心の芯の部分にアクセスして、呼び起こしても […]

  • 2015.02.04

映画『百円の恋』 やさぐれてても、力技で一歩前に

今、自分が置かれている環境の中で、自分の四肢を使ってできることに全力を傾ける。 報われるとか、救われるとか、そんなん求めない。 とにかく「やる」。 その、美しさが描かれた作品でした。 https://www.youtube.com/watch?v=jFXpF4qrkRU ※貼っといてなんですが、すぐ本編見に行く!という方は、予告観ないほうが楽しめそう~。 安藤サクラ演じる、無様に太った醜いニートの […]

  • 2014.08.31

みんな誰かの生まれ変わり 大林宣彦監督『野のなななのか』@目黒シネマ

久しぶりに、土日にひとりで出かけて映画を観ました。 人と住み始めて約2ヶ月。 なかなかひとりで出かけることがなくて、平日深夜まで働くのが普通になっているため、ずっと仕事をしているか、人といっしょにいるか、というかんじでした。 それはそれで、望んでいたことなのでいいのですが、それでも、長年ひとりでフラフラするのがクセになっていたのもあって、やっぱりひとりで出かけられる、というのはうれしいものです。 […]

  • 2014.01.05

映画 2014年1月

このブログから離れている間に、いつの間にか年が明けました。 誰か読んでいるのか知りませんが、新年いかがお過ごしでしょうか。 昨年、2013年10月後半からブログが途切れているのですが、その後、年末にかけては盛りだくさんな日々でした。 仕事が一気に忙しくなり、なんとか片付けてからインドへのひとり旅へ行きました。冒頭の写真はインドのハリドワールというところの沐浴場です。 旅行から帰った翌日の12月頭に […]

  • 2013.10.05

映画 2013年10月

最近仕事に余裕が生まれまして、平日でもフルート吹いたり、漫画読んだり、毎日朝食を作ったりしています。 うん。よい。穏やかだ。秋だ。 ようやく、情報をキャッチしたと思ったらすぐ終わってあっとゆうまにTSUTAYA行きだった、最新映画をチェックする余裕が生まれました。うん。いい流れだ。 学生時代は映画好きを気取ってミニシアターを渡り歩き、 やれテオ・アンゲロプロスやらフェリーニやらヘルツォークやら、ミ […]

  • 2013.07.29

すいほう、ふらふら

右手の端っこに水疱のようなものができたな、と思う間もなく39度もの熱が出て寝込んでから一週間が経ち、時々咳き込むことはあるけれどすっかりよくなり、手のひらの水疱は血液が溜まっているのか、少し茶色くなり、水にぬれると口から出した琥珀色ののど飴みたいにてろてろと光っていてきれい。 痛くもかゆくもないんだけれど何だろう。 この週末は少し体も回復していたので、久しぶりに映画を観ました。 そうはいってもまだ […]

  • 2013.01.05

あまりにも不自然なミュージカル映画『レ・ミゼラブル』

あけましておめでとうございます。 2012年後半から更新が滞っていたこのブログですが、2013年も細々と続けて参ります。 SNSで共有しなくなった今となっては、誰も読んでないのではという気もしますが・・・。 年越しは毎年恒例となっている、友人の企画した運転手付き貸し切りサロンバスでひたすら飲みながらパワースポットを巡って温泉にはいる、というなんとも贅沢な旅行に参加し、ギリギリ三ヶ日のうちに神奈川の […]

  • 2012.07.14

ドライバー@下高井戸シネマ

5月くらいに公開されていた映画ですが、今週下高井戸シネマで上映中です。 冒頭の30分くらいだけで大満足でした!! 主人公は、カーアクションのスタントマン。しかし裏の顔があり、夜は車で強盗を逃がす“逃がし屋”として働いていた。 そんな彼が隣人のトラブルに巻き込まれていくうちに裏社会のやばいところまで知ってしまい…という感じのお話。 男心をくすぐる「かっちょええ!」っていうシーンの連続で、フェティッシ […]

  • 2012.07.07

映画 2012年7月

6月頭に転職してからというもの、土日も朝早く目覚めては意味もわからず不安になったり、なんだか落ち着かなかったのですが、先々の映画の公開日なんかを手帳に書いていたら、不思議と落ち着いてきました。いけない、いけない。どんなにバタバタしていても、映画とかライブとか、人の作ったものにはなるべく多く触れていたいし、日々の瞬間瞬間のことだけじゃなくて、一週間後、一ヶ月後なんかにもちゃんと注意を払えるようになら […]

1 3