日記
Apr 6, 2017

30代って楽しい予感


この前31歳になったけど、「なにこれ30代楽しい!」とワクワクする毎日。

30代になったことで、(結婚したことも大きい)いろんな無理をしなくて良くなった。

「若い女の子」で居続けなくて良くなった。
誰かの理想を押し付けられたり、他人の期待に応えたりしなくて良くなった。

今まで「社交的じゃなきゃいけない」「愛想よくしていなきゃいけない」「メイク、おしゃれに気を使わなければいけない」という呪縛にがんじがらめにされていたけど、最近ようやく、それらから解放されたと感じる。

極力人と関わりたくないし、パーソナルスペースは1kmくらいだし、楽な格好で一人でふらふら歩きまわったり、一人で本を読んだり映画を見たり、美術館や劇場に行くのが好き、というので、ぜんぜんOKなんだ、「正解」は自分で決めていいんだ、と思えるようになった。

子どもがほしいと思っているけど、「お母さん」になったらまた別の苦労があるかもしれない。

でも、「周りの期待には応えてもいいけど、別に応えなくてもいい」という幅を確認できたから、あんまり気に病まずにやっていきたいと思う。

そもそも、はじめから「若い女の子」である必要もなかったのかもしれない。
でも、「そんなんじゃモテない」「一生独りかもよ」「会社員やっていけないよ」「将来食うに困るかもよ」みたいな呪いがあちこちからやってきて、ある程度は「若い女の子」というジャンルに収まっていないと危ないと思ってしまっていました。

たしかに、そういう側面はあったかもしれない。
学校教育を受けていろいろ矯正されることで、社会がスムーズに動くということもあるし、「相手に拒絶反応を起こさせない」という最低限の身だしなみやコミュニケーション術みたいなものは、身につけておいて損はなかったかもしれない。
だけど、ようやく社会性は身についたようだし、卒業しても良い頃だな。

呪いよ、ありがとう。
さようなら~

呪いを解いた後でも、最低限の人付き合いの術は持っておこう、ということで、この本を改めて紹介。
ここに書いてることだけやればいいと思う。

旦那さんに「コレだけやればいい」と、この本を手渡されたのも呪いを解くきっかけだったかも。

『人を動かす 新装版』デール・カーネギー

—————

30代といえば、精霊の守り人シリーズが面白すぎて、はまっています。

『精霊の守り人』 (新潮文庫) 上橋 菜穂子 著

主人公は、30代の女用心棒・バルサ。
読書好きな割に、あんまりファンタジーにはまらずにここまで来たけど、上橋菜穂子さんの作品は今からでもどっぷりはまれる。一作目の文庫版の恩田陸さんの解説にもあったけど、「間に合った」って感じ。はまれることが嬉しい。

上橋さんは民俗学者でいらっしゃるだけあって、儀式や生活の描き方が秀逸なのはもちろん、民族間の行き違いや戦などが起こる背景の描き方が素晴らしい。仕事なんかでの身近な人間関係や争い事、政治でのいざこさなんかにも似ていることが出てきて痛快。

そして、読み進めていくと、生きとし生けるものすべてが愛おしく思えて、元気が出ます。でっかい作品。上橋さんの、人間たち、動物たち、自然、そして目に見えない世界全てへの愛がでっかいんだろう。

全部読んだら感想をまとめよう。
NHKのドラマも素晴らしい。

Posted in 日記, 読むNo Comments » 

 

Mar 30, 2017

妊活日記③


旦那さんも図書館で妊活本を次々借りてきて情報を集めるなど協力的だけど、
「それにしても、なんで急に妊活ってなったの? そんなに子どもほしがってたっけ?」と不思議がられた。

たしかに。自分でも謎である。

なんで子どもが欲しいのか、ちょっと真剣に考えてみた。
なんでか、なんて考えたことなかったし、ぱっとは思い当たらない。

しいて言えば…

「なんだか面白そうだから」…。

そんな面白半分に産まれてもたまったもんじゃないだろうけど、どんなに立派な志のもとであっても、子どもからしたら迷惑だろうから、まあいいか、と思っている。

みらいの子どもよ、面倒だろうけど、
産まれてみたら案外楽しいだろうから、来るといいよ。

そして、なぜか私は焦っている。これも謎だった。
“妊活は一喜一憂していては心が持たない”とどこかで読んだけど、
見事に一喜一憂して泣いたり騒いだり忙しい。

なぜ焦っているか。これはすぐわかった。
なんとなく、母親が私を産んだ28歳が基準になってしまっていたからみたい。

でも28歳はとうに過ぎているし、妊娠から出産までの期間を考えてなかった。どんなにうまく行っても、32歳で出産だよ。しかも、人間の妊娠率の低さを知ったのはつい先日のこと。平均半年はかかるらしい。知らなかったよ!

ということはつまり、28歳で産むには、遅くとも26歳のうちからなんとなく妊娠出産のことを考えてないといけないということ。

26歳…その頃の私は何を考えていたか…

「まだまだ自由にしていたい! キャリアとスキルをアップしたい! 結婚どころか彼氏もめんどくさい! まあ、30までに結婚するんじゃないかな~。でもまだまだ先でしょ。」

……矛盾である。この頃は、毎日深夜まで働いて、タクシーで帰って飲みまくって、土日は朝からホットヨガ、その後ビールを飲むのが楽しみ。体重は人生最大でした。

アホすぎる…笑
これはもう、しょうがない。

人生こうなってるのは、紛れもなく自分の責任によるものだと、完全に理解いたしました。
そうしたら、なんだか心は軽くなってきました。こんな人生も楽しいもんさ。貯金もできたしね。

しょうがないとこは諦めて、日々体温を上げてみたり、やたら早寝早起きをしてみたり、腸をえらく健康にしたり…そんなこんなを、たんたんとやってまいります。

Posted in 日記No Comments » 

 

Mar 29, 2017

妊活日記②


カフェインは普段から摂りすぎないようにしていたつもりでしたが、思い切って抜いてみることに。
お供はルイボスティーと、インドのハーブティー、トゥルシーティーです。

はじめの2日間はぼーっとしたり頭痛がしたり、日中にものすごい眠気に襲われましたが、3日めの目覚めはすっきり!
スマートフォンで睡眠の質などを測っているのですが、これまで快眠度50~60%だったのが、カフェイン抜きを断行してからは70%以上があたりまえになってきました。睡眠の質が良くなってきたのかな?

他の変化は、イライラしにくくなった、歩くのや動作がゆっくりになった、花粉症がどっかいった、というのと、寝起きに測る基礎体温が0.3度上がったこと。これは嬉しい!
カフェイン抜き以外には、お風呂に毎日浸かる、丹田にカイロを貼る、夜寝るときに腹巻きをする、休日やヨガの練習がお休みの日など時間があるときはお灸をする、などをやってます。あとは食生活も、発酵食品多めの和食中心にしています。

妊活って、ゴールが壮大過ぎてはるか遠くに感じられるので、「体温を0.5度上げる」とか、「22時に寝る」とか、近いところに目標をいくつも設定しておくとよいですね。

あとは、何より自分の体を好きになること。(とっても難しいけど!)
普段自分の思い通りに動いてくれる、ように見える体だけれど、
日々、本当に自分の思い通りになるわけではない、という現実を突きつけられます。

ヨガジェネレーションの、高尾美穂先生とサントーシマ香先生の対談で、「○月に生みたいんですけど」と言ってくる女性が多いという話があって、ちょっとギクッとしましたが、仕事などいろいろスケジュールをむりくり組んでこなす生活をしていると、「○年の○月から○月だったら妊娠、出産しても行けるかも!」と、仕事の一つみたいにスケジュールを組みたくなってしまいます。しかし、そもそも妊娠ってえらくハードルが高いし、思い通りに行かないもの。

自分が「こうしたい」と思っている意識と、自分の「体」は、もちろんリンクすることも多々あるけど、別軸で動いているものです。とくに「体」というのは自然の一部。どんなに攻略しようとしても、思い通りになってくれないものです。
いくら嫌っても攻めても、他の体に乗り移る事はできないので、(攻殻機動隊の世界になったらなんとかなるかもしれませんが…)なんとか自分の体を受け入れて、好きになっていった方が良さそうですね。

あれやりたい、これやりたいとワガママに突き進む私に合わせて、元気をたもとうとがんばってくれている「体」。「もっとこうだったらいいのに!」なんて無茶言ってごめんよ。ヨガの練習でクレンジングしてゆきつつ、ちょっとずつ仲直りしてゆこうと思います。

目指すゴールは、自分の体と仲良くなることかもしれません。

Posted in 日記No Comments » 

 

Mar 28, 2017

《4月の予定》土曜のヨガ@Rimarima、4月1日は代行@青山も


4月はいつも以上にヨガまみれ!
tokyoyoga青山での代行もあります。

 

■TOKYOYOGA青山で代行します♪

4月1日(土)
9:00~10:30 モーニングヨガ
10:30〜11:50 フローヨガ

またまた【TOKYOYOGA】にて、
代理のレッスンを担当します。

○床暖房有り!!
○渋谷~表参道近くで、ヨガ後のランチも充実♪
○充実の80分レッスン
○たまに野菜も売ってる(!)

設備大充実、あんな先生も、こんな先生も教えている、
有名スタジオでございます。野菜も気になるところです。

普段「石神井公園まで行けないよ~」という方、もし予定があえばお越しください。
とっても素敵なスタジオです。

<場所>
東京都港区南青山5−18−6
http://www.tokyo-yoga.com/aoyama/access.html

<問い合わせ>
スタジオ:03-6379-1210
講師への問い合わせはこちら

 

■石神井公園RIMARIMA 週末ヨガ

毎週土曜日の夜ヨガを担当します。
 19:00 アシュタンガヨガ入門
 20:30 リラックスヨガ

4月16日(日)は午後に担当します。
 14:00〜15:30 アシュタンガヨガ入門※
 15:30〜16:30 ハタヨガ(子連れOK)

RIMARIMAは、3月で一周年を迎えました。
のびのびリラックスできる場所なので、ぜひ一緒にヨガしましょう。お待ちしています‼️

※のレッスンは、私の到着がギリギリになります。直前まで、ちょっとお勉強に行っておりまして…。お詫びに?当日いらした方には詳しくシェアしますね!

 

Mar 24, 2017

妊活日記①


子どもが来てくれるなら来て欲しいと思って、今年いっぱいは妊活、試してみることにしました。精神的に弱めなので、あまり深追いはしない予定です。

生理が来て目の前がグラグラするくらい落ち込むのは、まだ2回目です。
生理前の2週間も、1日に5回は基礎体温グラフとにらめっこする日々。客観的にみると全然大した苦労じゃないのは分かるけど、渦中にいると気づかない。

周囲が妊娠出産ラッシュなので、「どうして私だけ上手くいかないの?」という悲劇のヒロインモードがちらつく時もあります。

そういう時にちょっと俯瞰してみると、過去にも同じようなことがあったなぁと思います。

クラスで1人だけ生理が始まらなくて、この世の終わりくらい落ち込んだ中学時代、なかなか就職が決まらなくて世の中に必要とされてないのかと絶望した日々。結婚できなくて一生独りなのかと涙した夜は数知れず…。

ちなみに今では、健康そのもので、結婚して幸せだし職にも大変恵まれております。

結婚さえできれば後は何もいらない!とか、極端なこと思ってた時もあった気がするけど…

そうそう。あれが足りない、これが足りないと言いだしたらキリがないし、「足りない」と言っている状態が「人生」の多くを占めるようになっちゃう。

“自分が「未完成」で、あるべき「完成形」にまだたどり着けていない”
という考えは手放した方が良いものです。
そうはいっても、囚われてしまいがちですけどね。

ヨガのポーズが上手い人がOKで、まだできなくて不恰好な私はNG?

そうではなく、いつでも「私」はOKなのです。

ポーズには完成形があるけど、そこに至る過程も、ポーズを取れてから見えてくるいろんな世界も、全てヨガです。

ポーズの形なんていうのはほんの一部。そこで起きている目に見えない全てがヨガです。
人生もいっしょだね。

なんて、
残念でしたビールを飲んでたら気づきました。
のんびり考え事しながらビールを飲めるのも、それはそれで幸せです。

Posted in 日記No Comments » 

 

Feb 28, 2017

体調不良は「気」のせい


「人生は素晴らしいものです」「人は誰しも素晴らしい存在なのです」
なんて言われると、真っ先に疑ってかかるタイプでした。

特別なオンリーワンとか言って、「そのままでいい、何もしなくていい」というニュアンスの言葉を吐く人は胡散臭いし、絶対何か企んでる。実際に、生きてたってそんないいことばっかじゃない。

こんな嫌なこともある、あんなこともあると、
たとえ口に出さなくても反論を色々と考えてします。

「あのさ、そんなふうに、自分が不幸だという証拠ばっかり並べ立ててて、楽しい? 大学まで行って勉強してたみたいだけど、あんた大馬鹿者だな。」

と、面と向かって怒られるような本を読みました。

生活の為には、仕事をしないといけない。
毎日休まず、週5日、8時間以上働かないとダメだ。
毎朝のマイソールクラスに頑張って通ってヨガの練習をしないと。
仕事もプライベートも上手にコントロールして、スケジュールをちゃんとこなさないと。

そう思っていましたが、そもそも「頑張る」からいけない。

先日、不調で動けなくなり、血液検査を受けました。
1月末頃から小さな不調が積もり積もって、ついに立ち上がるだけで心臓がバクバクして一苦労な状態になったのです。

医師に結果を聞くと、

「全く問題ない。健康ですよ。なにもかも、全部理想的な数字です。羨ましいくらいですよ」
ということ。

「なんともないなら、ただの甘えだ!会社を休んじゃだめだ」

なんて…

そこまで思うほど真面目じゃなくて良かったです。笑

「そっかー、なんともないならよかった~」と思いつつ、ちゃーんと休んで、ちゃんと復活しました。

そんなときに手元にやってきたこの本。
前々から自分の心の弱さには気づいていたので、答えを求めて図書館で予約していたのですが、狙ったようにこのタイミングで借りられたので読みました。

天風哲学の根本的な考え方は、
「この世の中は苦しいものでも悩ましいものでもない。この世は、本質的に楽しい、嬉しい、そして調和のとれた美しい世界なのである」
ということである。

ところが、多くの人は、これを信じないどころか思おうともしないで、苦痛と、苦難と、失望と、煩悶に満たされているのが、この世界であると考えている。

さびついた車は、回そうとして油を注いでも回らない。まず、さびを取ることである。そうしないと、苦痛や苦難をそのままいきなり自分の心のものにしてしまう。

こんな調子です。
弱気になって自分の人生を、自分で不幸にしている人に喝を入れまくります。

「いかなる場合にも、心に積極的な心構えを保持して、堂々と人生を活きる」

病や苦難から逃げたり、避けたりせず、「矢でも鉄砲でも持って来い」と、苦しみ、悲しみに挑戦し乗り越えていき、自分の力でこれを打ち砕いて行く気持ちになれ

「元気は何もないところから生み出さないといけない」と思うから弱気になっていたのだと気づきました。
「こんなに疲れ果てているのに、元気になるなんて無理だ」と思ってしまうし、
「もともと体が弱いんだから、人並みに元気になるなんてできない」という言い訳もしてしまう。

仕事がら、体の不調はすぐに検索してみたりして余計な知識を一杯詰め込んでしまう。それで、なまじ健康に詳しくなって「あの病気じゃないか」なんて余計不安になる。

それは「馬鹿野郎」だとはっきり書いてあります。笑
どんな医者も治せない病を抱えて世界中を答えを求めて旅して、インドの聖者のもとで修行して治した(!)ひとにしか記せない言葉ばかり。説得力があります。(他にもスパイやって処刑されかけたりとか、いろいろと壮絶な方)

なにもないところから幸せになるのではなく、人生はもともと幸せで美しいもの。
そう思えないとしたら、それは「心持ち」の問題。

「頑張る」ことで無駄な抵抗をしなければいい。別に不調の体に鞭打って頑張ることはない。そうではなく、そもそも幸せで元気なのに、変に「頑張る」ことで抵抗して自滅するのをやめること。

まずは心持ちを良くする。自分は幸せで元気だ、と受け入れる。

そうすると、困難なことにも笑顔で立ち向かえる。
苦しい「頑張る」は辞める。そして楽しく挑戦する。

変な方向にエネルギーを使って、アクセルとブレーキを両方踏んでエンストするんじゃなくて、上り坂や下り坂があっても、重力も使いながらうまくアクセルとブレーキを使い分けてエコドライブする。

ただの気休めではなく、元気が湧いてくる本でした。
自ら考えて、行動したくなります。

そしてこの本にあることは、アシュタンガヨガの練習にも通じるものが有ります。
先生に「アシュタンガヨガは引き算のヨガだから」と言われるのを思い出しました。

さっそく元気にヨガの練習と仕事に取り組んでいいかんじです。

Posted in 日記, 読むNo Comments » 

 

Feb 24, 2017

《3月の予定》土曜のヨガ@Rimarima、3月4日は代行@青山も


3月は、季節の変わり目でもあり、体も変化のとき。
ヨガで深呼吸しましょ。

 

■TOKYOYOGA青山で代行します♪

3月4日(土)12:00~13:20 フローヨガ 代行

な…なんと!かの有名スタジオ【TOKYOYOGA】にて、
代理のレッスンを担当します!

○床暖房有り!!
○渋谷~表参道近くで、ヨガ後のランチも充実♪
○充実の80分レッスン
○たまに野菜も売ってる(!)

設備大充実、あんな先生も、こんな先生も教えている、
有名スタジオでございます。野菜も気になるところです。

普段「石神井公園まで行けないよ~」という方、もし予定があえばお越しください。
とっても素敵なスタジオです。ドキドキしちゃう。

ヨガの指導者養成クラスで同期のizumi先生がお休みのため代理です。
アイアンガーヨガ系の、とってもていねいなizumi先生の代理が、アシュタンガヨガ出身の(がさつな)私で良いのだろうか…! 
(※アシュタンガヨガががさつなのでは断じてありません!…笑)

izumi先生が乗り移った感じでやります。ええ、ていねいにやりますとも。
ま、せっかくなので、ぜひ起こしください~。

普段のizumi先生のレッスンも、とってもおすすめですよ!

<場所>
東京都港区南青山5−18−6
http://www.tokyo-yoga.com/aoyama/access.html

<問い合わせ>
スタジオ:03-6379-1210
講師への問い合わせはこちら

 

■石神井公園RIMARIMAで土曜日夜ヨガ

3月4日(土)、18日(土)の夜ヨガを担当します。
 19:00 アシュタンガヨガ入門
 20:30 リラックスヨガ

3月25日(土)は、スタジオのオープン一周年記念イベントです♪
詳細は【スタジオのサイト】をご確認ください。

私は13:00~ 膝腰痛改善ヨガを担当します。
45分で次々といろんな先生が登場します。
オトクな通し券もあるので、ぜひ遊びに来てくださいね。

rimarimanight

夕方からは、スタジオの隣のカフェでパーティーもあります!

3月もヨガまみれでよろしくです~!

 

Feb 12, 2017

《2月の予定》土曜のヨガ@Rimarima


石神井公園駅からヨガスタジオRimarimaに向かう道沿いに、桜の仲間が咲いてました。
まだまだ寒いですが、着実に春に向かっていますね。

2月もRimarimaにてヨガレッスンを担当します。

rimarima201702

■2月18日(土) 14:30~16:00
リラックス&眠りのヨガ

普段慌ただしく動き回る心と体を休める時間にできればとおもいます。

・冬で縮こまった体を解きほぐしていくポーズ
・仰向けでゆったりと動くリラックスポーズ
・道具に身をまかせるリストラティブヨガ
・仰向けの状態で深くリラックスして行く意識のヨガ・ヨガニードラ

そんな内容で考えています。

■2月25日(土) 
19:00〜20:00 アシュタンガヨガ入門
20:30〜21:30 リラックスヨガ

こちらもお待ちしています。

季節の変わり目の体を整えましょう♪

rimarimanight

 

Feb 8, 2017

心を養う


感性>理性 の生き方をしていると、バランスをとるのがなかなか難しかったりします。

感性や感情は移ろいやすく、不安定。でも、感性、感情、感覚任せで生きてきたほうが心地よかったのでそうしてきました。高校や大学の進路の決定も、仕事も、頭の回転の早さと体力で押し切ってきた感じがあります。
ヨガ的に言うと、ヴァータ(=風の性質)全開ですね。

しかし、30代になって仕事のレイヤーが上がったり(上げきれてないけど)、家族ができたりと人生が複雑になってくると、それだけではやっていけなくなりそうです。自分一人で乗り切れるキャパを超えてくるので、スピードと体力勝負になっちゃうと消耗してしまうので…。(と、そういうのを感覚でキャッチするのは得意だったりする。)

冬になると、不定愁訴(特にPMS)になりやすい傾向はずっとあるのですが、やはり今年もかなりひどい状態に。
病院で加味逍遥散という漢方を処方してもらって、どうにか落ち着きました。
加味逍遥散、社会人なりたての頃から、ほぼ毎年のようにお世話になってます。冬の必需品。

イライラ、ストレス食い、ひどい便秘や腹痛、頭痛、めまいで朝起き上がれないなど、不快感MAXで、かつては自分の自律神経の弱さを攻めたりしていました。でも、多少なりともヨガや瞑想をやって分かってきた。きっと「使い方」の問題ですね。

朝のヨガの練習でだいぶ症状は軽くなってきたので、引き続き養い、鍛えつつも、
消耗しない思考回路を手に入れたいものです。

理性的な判断力、先を読む力を身に着けて頭良くなりたいから、将棋でも始めようかしら。
めちゃくちゃ弱そうだけど。

ちなみに、朝のヨガの練習でなぜ不定愁訴の症状が軽くなるのか。
一つは、心の不調のときには呼吸が浅くなるのが、練習をすると深くなるからです。

なぜ、呼吸が浅くなったり深くなるのか。
それは、ストレスを受けたり緊張したり、気がかりなことがあると、背中や胸周り、そして骨盤や頭蓋骨周りの筋肉が、あるところはこわばって、あるところは伸び切ってしなやかに動かなくなるから。
練習をすると、呼吸を深めながら全身をくまなく動かすので、こわばっている部分に気づきやすいし、解きほぐす方向に動かしてゆくことができるから。

今日の朝の練習は、何時になく股関節がカチコチでしたが、
お正月休みの何の気負いもないときには、そういえばユルユルでとっても心地よかったなぁ。
せめて練習中だけでも、しなやかにしてゆきたいものです。

Posted in 日記No Comments » 

 

Jan 24, 2017

「あたりまえ」は「あたりまえ」じゃない


ここ何週間か、メガバンクと仕事関係でプンスカしてましたが、ようやく解決しました。

どっちも根っこは同じでした。

メガバンクは、名義変更と積立保険の設定をやりたかったのですが、
普段ネットでポチポチやって大抵の取引が済んでいる私には
通帳とか印鑑とか、しかも印鑑は新旧必要とか、色々とハードルが高く…

かつ、転職が多いため、いらない口座があったり、
いらないローン付きキャッシュカードがあって簡単に解約できなかったり。

そんなときに、銀行の方は
「こういう決まりです」という一本調子で、こちらの要望は全然聞いてくれませんでした。

わたくし、短気なもので、
怒って帰って、勢いでSBIネット銀行の口座を開きました。笑
24時間365日、窓口不要!さいこーだぜ。

まあ、旧来型のメガバンクにとっては、預金が数百万のサラリーマンなんて客でもなんでもないんだろう、と思いつつ、残念な気持ちになってましたが、どうしてもメガバンクじゃないとできないことがあって、後日、同じメガバンクの別の店舗に。

その窓口の方が素晴らしかった。

結構複雑な変更処理になってしまっていたのですが、色々と気を利かせて、手続きの手順を提案してくれて、
無駄なく書類を整理して、記入の指示も的確にしてくれます。

かつ、本当は私が別階のローン担当窓口に行かないといけなかった手続きもあったのですが、
別の階から担当の人を呼んで、その場で二人がかりで手続きしてくれました。
その手続きも「こういう記入の仕方にすれば、この用紙一枚で通りますよね!」と、効率よく手続きできるように素早く相談しながら進めてくれているので、待ち時間も短く、とってもスムーズ。

打ち合わせが控えていたので早めに出ないといけなかったのですが、後日に回せるものはあとに回して、
必要な手続きだけを最短で済ませてくれました。

自分で考えて、最善の方法を提案してくれて、テキパキ動いてくれる。
それって「あたりまえ」とか「プロなんだから当然」なんて思いがちだけど、そうじゃないですよね。
本当にありがたいなあと思い、メガバンクへの意識を改めました。
(まあ、結局はネットバンクをメインバンクに変更するんですが…。)

そして、仕事関係。

サイトを運営していくには、同じ目的に向かって、並走してくれるパートナーさんが必要です。
ユーザーさんのこと、クライアントのこと、そしてなにより、「面白いものを作って一発ヒットかまそう!」みたいな思いがないと、いい仕事ってできません。

自社の利益とか、自分たちの進めやすさ(いかに楽にやるか)ばかりを優先しているようでは、一向に話が通じないのです。
そこで、別のパートナーさんもチームに加えつつ運用できるように進めていったら、ミーティングの濃さが全然違う!

「こういうことって今話題だから、取り入れてみませんか?」
「こういう記事だとアクセス増えやすいので、仕込んでおきましょうよ」

みたいに、面白いサイト、ユーザーがよろこぶサイト(=人が集まるサイト)にしていくための議論ができる。
アイディアをいっぱい出してくれて、できることをやりきった上で、スケジュール&予算をちゃんと守れるように進めやすさにも気を使う。出発点も、考える優先順位も違うんです。

銀行の対応が良かった方も、「何が相手にとって最適か」を最優先に、手続きの進め方の段取りを組んで動いてくれていました。マニュアルどおりにただやるだけではできない仕事の仕方ですよね。

仕事って、本当に「一緒にやってくれる人」にかかってますね。
今まで、「ちゃんとやる」「自分で考える」「いいものを作る」って、あたりまえだと思っていました。
でも、そういう思いで動いてくれる人って、なかなか出会えないものなんですね。

今までの「あたりまえ」が「あたりまえ」じゃないと気づいてよかった。

私がおかしいのか…?なんで私だけがプンスカしてるんだ…?
なんて思ってましたが、ちゃんと一緒にやってくれる人は、どこかにはいるんだと、勇気が出ました。

いいものを作ろう、もっと良くしようと考えれくれる人。

何かをやろう、というときに、
そういう人がぱっと集まってくきてれるような、

灯台のような…
もしくは、ハチ公のような…?イケフクロウのような…?

そういう人になっていきたいと思います。

Posted in 日記No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 24