日記
Jan 4, 2011

切り取れ、あの祈る手を/佐々木中


”取りて読め。筆を執れ。そして革命は 起こった。”

2010年に話題になっていた本ですが、お正月休みを使ってやっと読み始めました。

本を読むということはどういう事か、徹底的に語った本です。
「他人が書いた本など理解できるわけがなく、もし理解できてしまったとしたら、もう発狂してしまっている。」とし、それでもなお「読む」そして「書く」こととはどういう事なのか。
革命の本体は文学だ、という論を軸に、歴史上の革命を紐解く形で語ってゆきます。

その語り口の鋭さと、熱量に圧倒されそうになります。
特に第三夜後半からの、感情を込めて終末論を叩くあたりからは、
私の頭上で危険を知らせる赤いランプがファンファンと回っていました。じゃあ不快か?というと、そんなことは決してない。

「一夜」「二夜」というように章が分かれていて、
それぞれが講義のようになっているのですが、

一夜読み進めるごとに「本を読もう!」という情熱が自分の中から沸き上がってくるのを感じて、すごく気分がいい。
なんだか元気が出てきました。

著者自身がはじめに書いているように、
この本に言いくるめられてしまうようなことになっては
いけないのです。それは非常に危険だし、浅はかなことです。

じゃあどうするか?
本を読むしかない!

著者の読書量は半端無く、それはこの本の力になってグイグイこちらを圧倒してきます。これに耐えるには原典にあたらなければ!
そんな気分にさせてくれます。

こむずかしそうな装丁やテーマですが、
哲学書や聖書を読む、という行為に対する考え方を変えてくれ、
「なんか、一生懸命本を読むわたし、かっこいいじゃん!ようし、負けねぇ!」
ってゆうポップな元気を与えてくれる本でした。

ライムスターの宇田丸さんが、
”背筋が伸び元気が出る圧倒的正論!”って帯に書いていて
ん?そんな本には見えないけど?と違和感を感じていたのですが、
読んで納得。私もだいたいそんなふうに受け取りました。

そんな、読んで損はしない本ですので、
「本」「文学」「藝術」に少しでも興味のある方は、ぜひともご一読を!

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話切りとれ、あの祈る手を—〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話
著者:佐々木 中
河出書房新社(2010-10-21)
販売元:Amazon.co.jp

・・・いやいやそもそも佐々木中って誰よ?どっから出てきた?
って方、 ご安心を。

ご本人も その問には慣れてらっしゃるようで、冒頭に丁寧に書いてくださっていますよ。

Posted in 読むNo Comments » 

 

Jan 4, 2011

絶叫委員会/穂村弘


でも、さっきそうおっしゃったじゃねぇか!

表紙のこの言葉に、手に取らずにはいられなかった。
だって、ものすごく強い言葉。しかも一瞬間を置いて思わず笑っちゃう。

そして本のタイトルは『絶叫委員会』
もろタイプ。これは即買でした

穂村弘さん
歌人で、散文なんかも出版されてます。
雑誌とか、文庫本の解説なんかで目にしたことがあるような。
しっかり本を買ったのははじめてでした。

日常の中にぽっと現れる、絶妙な言葉たち。
何気なく聞き流してしまいそうなそうした言葉たちを、
鋭い感性で切り取って見せる、秀逸なエッセイ集です。

電車の中で聞こえる「なんじゃそりゃ!」な会話だとか、
立て看板や電柱の広告の妙な言葉、
パニックに陥った人が口走ったおかしな一言。

一つ一つが面白くて、声をあげて笑いながら一気に読んでしまいました。

ここで取り上げられているような言葉たちには
誰もが日々接しているはず。
でも、それをいちいち指摘できるほど
言葉への感度が高い人はそうそういない。

著者は、愛すべきおかしな発言をぶっぱなしまくる
同級生に羨望し、自分にはそれらをメモすることしかできない、と嘆く。
 
でも、そうした些細な言葉に気づける感度と、
冷静に、ユーモアたっぷりにそれらを紹介する技術には
静かな自信を持っているように思え、なんだか著者に興味が湧きました。
小説も文庫化されたようなので、ぜひ読んでみようと思います。

絶叫委員会絶叫委員会
著者:穂村 弘
筑摩書房(2010-05)
販売元:Amazon.co.jp

Posted in 読むNo Comments » 

 

Jan 3, 2011

キック・アス@横浜ブルグ13


帰省ついでに新しい映画館へ行ってまいりました。

年越し前から、新年最初の映画はこれって決めてた。
なんか勢いづきそうだから。

「映画に行くよ」と母に行ったら
「映画みたぁい、最近みてなぁい」と甘えた声で言われたので
そうかいそうかい、じゃあいくかい、と連れていくことに。

はたして、新年早々、母と二人で観るのにふさわしい映画なのかと
若干不安な気持ちで映画館へ。

キック・アスとは・・・
普通のオタクで、友達の中でもイケてない方、
特殊能力といえば、女子の眼中に入らないということくらい?という
モテない男子が、正義感だけを武器にヒーローになりきって活動開始!
しかしあっさりやられそうになったところで、
父親から訓練を受けた11才の女の子、ヒットガールと
その父ビックダディがあらわれて…!?
公式サイトへ

「正義の心で悪をKILL」という、
バカバカしく秀逸なコピーから想像できる通り、
いっぱい笑ってスカっとする映画でした。

ネットの使い方にそれぞれのキャラが出てて
「あるある!」って笑ったり、
オタク男子のしょうもない日常に笑ったり
英語よくわかんないけどあまりにも汚い言葉遣いに笑ったり・・・

終始笑いっ放しでした。

そして、ヒットガールの壮絶アクションが素晴らしい!
11歳の女の子が、やりすぎだろ!ってくらい残虐に敵を殺してゆく
このシーンだけでも劇場で見るべき!
「女の子だもん♫好きなことするわ」みたいな歌詞に乗せて
両手に銃持ってその場の敵を皆殺しにしてゆくとこなんて、
ほんと、キュン死必死ですww

そしてニコラス・ケイジさすがです。
この役の彼が一番好きかもしれないw

ちなみに、うちの母親は
隣で私以上に笑い転げていたので大丈夫でしたが、
一般的に、新年早々、母親と二人で見るべき映画ではないです。

Posted in 観る2 Comments » 

 

Jan 3, 2011

ハーブ&ドロシー@渋谷イメージフォーラム


お正月休みとはいえ

いや、お正月休みだからこそ、
やらなきゃいけないことは山積みだったわけですが、
全部サボったら暇になったので、映画を観ることにしました。

ハーブ&ドロシー
NY在住の実在の夫婦のドキュメンタリー。
郵便局員のハーブと図書館司書のドロシーは
小さなアパートでのつつましい生活の中で、
2000点以上のアート作品を書い集めた。
彼らが買ったアーティストは、今や20世紀アート史の重要な存在になっている。

彼らのインタビューや、生活の一部の公開、
所蔵作品の紹介、また、
彼らに作品を売った、今や著名なアーティストたちなど、

周りの人々の証言などからなる映画でした。

つつましい生活をおくる小柄で可愛い夫妻が
アート作品を前にキラっと目を光らせる。
前のめりな姿勢で食い入るように作品を見るハーブと、
ちょっと身を引いて、冷静に見るドロシー。

70年代から同じように

寄り添ってギャラリーからギャラリーへ、
嬉々として渡り歩いてゆく二人の姿が想像できた。

個人的には、ハーブが仕事の傍ら精力的にアート収集をしながらも
職場でアート好きだと明かさなかったということが印象的だった。
ほとんど内緒にしていた程だ。

その理由として、
「アートの話をできる人はだれもいなかったが、
自分の好きなモノを押し付けるのは良くないと思った」
と語っていてはっとした。身に覚えがあったのだ。

他にも、この夫婦の何気ない姿勢に
はっとさせられることが多かった。

誰の指図も受けず、思ったとおりにすること、

昼夜問わず、ほとんど毎日ギャラリーをめぐり、
分からない作品も分かるように努力する、また
どんな作品でもひとつ残らずしっかり見ること、
その貪欲さ。

自分を振り返って反省するとともに、
なんだか勇気が湧いてくる映画でした。

Posted in 観るNo Comments » 

 

Jan 3, 2011

ゴスペル@寿町


新年、いかがお過ごしですか?
 
私は、年末に寿町というところで歌ってきました。
久しぶりに大声で歌ってすっきり!
 
カントリー・ロードや、あの素晴らしい愛をもう一度
コリーナ、コリーナ』って映画に出てくるゴスペル曲(曲名忘れた)など、7曲くらいを、20名ほどでちゃんとハモリながら熱唱しました。
 
このイベントは、高校時代の同級生が
10年越しで参加しているという、
ボランティアのようなものでした。

 

寿町とは?
横浜の、日雇い労働者たちのスラム街のようなところで、
高校生の時にこのイベントに参加しようとしたら、親に止められた覚えがある、
そんな場所です。
 
年末の炊き出しが行われている中、列に並ぶ方々に向けて
歌ったのでした。
 
その列、200メートル以上はあったでしょうか・・・。
炊き出しの広場のある区画をぐるっと囲むように、
あったかい食べ物を求める、長い長い列ができておりました。
 
とにかく、声を振り絞ってマジで歌うしかできませんでした。

 

その後、引率者の元高校の先生(もう定年退職したらしい)と
歌ったみんなで忘年会に。
朝鮮人の店で、日本ではあまり食べない料理を頂きました…
大変美味しかったのですが、食文化への偏見が自分にもあるな、というのに気づきました
 
そして偏見を乗り越えてきましたが…人には食べたと言いにくいなぁ。

Posted in 日記1 Comment » 

 

Jan 3, 2011

「あの子、雰囲気あるよね」と言われるために


年のはじめに抱負を決めるなんてナンセンスだと思うのですが
いろいろあって転機な気がするので決めてみた。

 

「あの子、雰囲気あるよね」って言われる女になる!
(ツッコミは無視しますw)

そのために必要なことをいくつか。

1.自分のやりたいことをやる
人の指図を受けないってことと、周りとズレてる感じがしても気にしないこと。
奇人になれるくらいの、孤独への耐性が必要ですな。
あと、なまけぐせはどうにかしないといかん。
 
2.駅ビルで服を買わない(なるべく)
モテを服選びの基準にしないということです。
舞台衣装を選ぶように、服を選ぼうと。
具体的には、シモキタあたりで買おうと思います。
 
3.美を諦めない
美容なんて美人のためのもんでしょ、ってひねてるけど
美ってのはどんな方向にもあり得るものなので
めげずに追求してゆきます。自己演出としてね。
前髪パッツンとかにしようかな。
 
4.文化をむさぼる
人と同じモノを見たり聞いたりしていては
人と同じ考え方しかできなくなります。
音楽はYouTubeを駆使してとにかく掘ってゆこうと。
あと、読書はしっかりとしてゆきたい。
ドゥルーズとかニーチェとか、
学生時代にちゃんと読んでなかったものを、ちゃんと向きあって読んで行こうと。昼夜問わず、貪欲に。
 
5.性に負けない
修行のようになってきましたw
性欲に負けないってのもそうですが、
自分の中にあるみたくない物、醜いもの、恥ずかしい物と
ちゃんと向きあってゆきたいです。
こんなコト考えて無駄な時間!って思ってたことこそ
私の味なんじゃないかと。

 

雰囲気のある女性になったことがないので、
これらが正しいのかわかりませんが
今年一年を目安に挑戦して、時が来たら検証してみたいと思います。

Posted in 日記No Comments » 

 

Jan 3, 2011

ゲイリーの稼ぎ方(フォレスト出版)


部長に渡されて、ゲイリー・ヴェイナチャックってだれ?
と思いながら読み始めました。

日本で有名なのかは知りませんが、
彼はtwitterFacebookUstreamなど、ソーシャルメディアを使ってビジネスを成功させた

ソーシャルメディアで世界一稼いでいる男」として

アメリカでは有名だそうです。

なんでも、twitterなどのソーシャルメディアを活用してワインを売って 何十億も儲けているといういではないですか・・・!

「会社でやりたいことをやろう!優秀な社員になろう!」
↓↓
「死なない程度に稼いで、生活に影響がでない程度のストレスで抑えよう。  会社は労働。仕事は他にさがそう」

あまりにも少ない給料や労働環境から、こんなマイナー心境チェンジをした私はお金を稼げるのならよもう、と、ゆるっと読み出しました。

そして気になること。 どうして、「気」が全部「氣」になっているのでしょう?! 「元氣」「勇氣」「英氣」・・・・お、落ち着かない!

ま、それはおいといて。 まずいっておくと、 この本はビジネスマンに稼ぐ技術を教える本ではありません。

稼ぐってことがどういうことか、精神論から教えてくれて、 背中を押してくれる本、という方がイメージがしやすい氣がします。
( ゚д゚)ハッ!「氣」

まあ、あまりにもネットサービスに疎い、という訳でなければ 「そんなの知ってるよ」という知識ばかりかと思います。
「優秀」なビジネスマンたちは、使える知識がなければ意味ないよ!とこの本を一蹴するかもしれません。

しかしだ。 それは相当問題だと思う。

だって、誰だってちょっといじれば ソーシャルメディアの使い方なんて分かるんです。


でも、誰もがそれらを使って何十億も稼いでる?


いや、そんなことできてない。


じゃあ、一部の相当優秀な人じゃないと出来ないの?


いいえ、誰でもできるんです。

この、誰でもできうる。 ということがこの本のキモじゃないかと思います。

ゲイリーは主にプロモーションの手段としてソーシャルメディアを使って ワインを売って成功しましたが、 彼は言います。

売る商品がなくても稼げるんです。

これについては、本の中で、釣りが大好きな人の場合、という例を使って 分かりやすく述べられている。 要点だけ言うと、パーソナルブランドを築いて、それ自体を価値とすればいい。 ということ。 そして、パーソナルブランドを築く際の注意点や心構えなんかも書いてある。 これ、ビジネスマンに限らず 野心のある人、誰もが読んでみるといい本だと思います。 背中を押してもらえます。
 
〜Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男〜ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)〜Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男〜ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)
著者:ゲイリー・ヴェイナチャック
フォレスト出版(2010-07-06)
販売元:Amazon.co.jp

Posted in 日記No Comments » 

 

Dec 31, 2010

25才になる年


教育から脱すること

これは良いこと、これは悪いこと

こういうときは楽しそうにしなさい、こういうときは悲しみなさい

人の死は悲しみなさい、家族は大切にしなさい

友達には感謝しなさい

恋をして結婚をして子供を産むことが女の幸せです

そういうしつけから脱することでしか、

生きてる実感は得られないのではないか。

恋愛に没頭して相手の考え方に翻弄されているときも同じ。

あとにはむなしさが残るだけ。

反抗しよう。

奇をてらってるとか言われても気にしない。

実感の伴う日々を過ごしたい。

2011年元旦

Posted in 日記No Comments » 

 

Dec 31, 2010

抱負


今年は性に負けない一年に・・・。

Posted in 日記No Comments » 

 

Dec 26, 2010

ノルウェイの森@新宿ピカデリー


村上春樹原作映画、ノルウェイの森を見てきました。
言わずと知れた村上春樹の小説「ノルウェイの森」をトラン・アン・ユン監督が映画化。
村上春樹の作品の中でも、映像化が難しいと言われていたが、トラン・アン・ユン監督なら、と村上が許可をだしたことで話題を読んでいます。
ちょうど大学在学中に早稲田で撮影がされていて、ちょくちょく噂を聞いていたので
やっとみられる!と楽しみにしていました。
村上春樹原作の映画作品では、トニー滝谷を見たことがあります。
ナレーションが中心の映画で、原作の独特の言葉遣いと、きれいな映像を眺める、という感じだったのをぼんやり覚えています。
ただ、それはもとが短編作品だから可能だったことなので
ノルウェイの森では、独特の言い回しがセリフでどうなるのか、
とらえどころのない世界観や、現実味がない登場人物たちをどう映像化するのか
楽しみに劇場に行きました。
観終わった感想は、なんと言ったらいいのか、、
いいところもあったはずだけど言葉にするのが難しく、
悪いところは言葉にしやすいので、気を抜くと批判的に寄りすぎてしまうかもしれないです。
さあどうなる(ねたばれます)

続きを読む

Posted in 日記No Comments » 

 

1 20 21 22 23 24 25