Apr 28, 2017

人生の選択はどれもトレードオフ


ウートピというWEBメディアで、産むことのメリット/デメリットを語る連載があり、先日最終回を迎えました。

産むことにメリットって、本当にあるんですか?
この連載は、とってもタイムリーでありがたかった! 毎回かなり身につまされて読みました。

最終回でまとめられていた、「産む人生」と「産まない人生」は横並びであるということ、
「産む/産まない」は「トレードオフ」だ、という言葉にかなり救われました。

出産というのは特にデリケートな問題でもあるし、「子どもは?」なんてセンシティブなことをまだまだカジュアルに聞かれることがある(!)というくらい、社会的な価値観が凝り固まっていてなかなか崩れないものです。

だから出産に関することは特にそうなのですが、そうでなくても、
人生の選択(選んだつもりがないのに勝手に選ばれている事が多いけど)には常にこの種のモヤモヤがつきまといます。

「心」には、思い悩む癖があり、腰を重くさせて行動させないようにする性質があります。
なので、自然とあるものより「無いもの」にフォーカスしてしまいがち。
無いものにフォーカスすると、「持っている人」と自分を比べてドツボにはまることも。

「出産しない」とか「結婚しない」となると何かが欠けているように思ってしまいがち。特に、望んでいるのにできない、という場合は悩みも大きい。

でも、自分が選んだつもりがなくても、その選択によって手に入っているものがある。絶対にある。

そういうものに、意識的に目を向けてみると良いかもしれません。

私も、産みたいと思うタイミングが遅くなってしまったこともあり、実現できないかもしれません。もちろん、遅いことが原因かもよくわからないけど。

それでも、タイミングが遅れたことで手に入れたものもあるし、
20代を激務で駆け抜けて仕事に費やしたことを、時々後悔しそうになりますが、(心身へのダメージ半端ない!)

過密スケジュールを効率よくこなすスキルや要領の良さなんかは身についたし、年収も保てていて、慌てて貯めた貯金や金融資産も平均並みにはなって、生活の基盤はかなりしっかりしました。
都内や大阪の大小いろんな企業に訪れたり、テレビ局やラジオ局に入り込んだり、色んな所にいって、色んな素晴らしい人達に会って、刺激的な経験を日々させてもらっています。

それに、この3年間は、旦那さんと出会い、しっかりと時間をかけて関係を築きました。お陰で夫婦の絆はかなりぶっとくなった。

これからやりたいことも山ほどある。

インドに3か月くらい行きたいし(できたら定期的に)、アイスランド一周したいし、勉強したいテーマも見つかったし、他にも山ほど。時間がいくらあっても足りない!

「こうあらねばならない」というものなんて、実はまやかし。
手に入っているものに目を向けて、やりたいことを迷わずやっていいんだよね。きっと。

Posted in 日記4 Comments » 

関連記事

コメント4件

 きづきあや | 2017.04.30 8:46

陰ながら妊活応援してるよ〜
この記事はモヤっとした…!
キャリアは間違いなく中断するんだよねぇ…。
働く母がトレンドだから、母であることを武器にして闘うもありだけどね。
それまでのキャリアの貯金が必要だよね。
私も産まない人生もありだな〜と思っているけど、
出産をメリットデメリットで論じるところに現代の闇を若干感じた( ´Д`)y━・~~

 minamaux | 2017.05.02 15:48

そうなのか~。あやちゃんの悩みは私には分からないけど、うまくいくといいね。インスタもいつもいいなぁ~と思ってみてるよ♪
「母性神話」とか、「結婚したら子供を産むのが常識」のような、誰かの都合で作られた何なのか分からないものよりは、スッキリする考え方だと私は思ったよ。

 さいとう | 2017.05.02 14:40

みなみちゃん、いつも興味深く読んでいます。
私はおそらく実子のいない人生を選ぶ気がしています(選ぶというのもおこがましいのですが……!)
子供のいない人生を想像すると、人生は果てしなく長いし、いる人生を想像すると、びっくりするくらい短いなあと思います。
どうなっても、楽しくするように心がけていきたいですね。

 minamaux | 2017.05.02 15:46

ありがとう!
いる人生なのかいない人生なのか、こんなにも違うのに、事前にわからないのがもどかしいと思ってしまう…。笑
40代になってから突然!ということもあるしね。 どう転んでも楽しみましょ~♪

Comment





Comment