Nov 16, 2016

安定した仕事とは?


新卒でいきなりベンチャーに入ったのは、たまたまだったけど、
わりといい選択だったと思っています。

昔っから、人に頼まれたことは上手にできなくて投げ出して、
自分で人を集めて何か作るほうが好きだったのもあり、
大企業で働けるイメージはありませんでした。

それに、世の中の変化は激しい。
子どものときは、漠然と「大きな会社」は安全で安定していると思っていたし、
父親が、新聞の株のページに載っている会社に勤めているということは、
きっと大丈夫ということなんだ、と思っていた。

でも、そうでもないことは、すぐに分かってきた。
就職活動をするときには、大きい会社を目指してもしょうがないことは明らかだったので、なんとなく「美味しいものをくれそうな会社」(ハーゲンダッツに行きそびれたけど)と、「いい場所で説明会をする会社」を回ってた。

大きな会社も潰れるし、リストラだってあるし、
何より、「空気」を読む、ということをいまいち理解しないまま大人になったので、
微妙な駆け引きや、足の引っ張り合いや、鬱憤のぶつけ合いのあるような組織(※ただのイメージですが…)なんて、入ったら一発で踏みつぶされそう。
まあ、ベンチャーでも大企業気質というか、そういうドロドロっとした会社もあって、そこからは逃げたけど。

雇用されなくても生きていけること、ビジネスを創出すること。
つまり、自分の中に、オリジナルな価値があること。

それが、今の時代の安定だと思うので、
ベンチャー企業で仕事させてもらっていることはありがたいことだし、
常に「オリジナルの価値を作ってお金にしなければ」と思いながら働いているのは
わりにいいことだと思ってます。

まだ、自分のビジネスと言うようなものは作れてないんだけど。
ちょっとずつ、実験して進めていきます。

Posted in 日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment