Oct 28, 2016

長時間勤務について思うこと


今までの7年間、わりと長時間勤務をしてきました。

PR会社時代は、想像を絶する長時間勤務&容赦ない土日出勤(笑)でしたが、
とにかく仕事が楽しくて、学園祭前みたいに「みんなで協力して頑張ろう!」という感じが
とってもよくって、精神的な疲労はあまりありませんでした。
ただ、体力的には限界でした。
体力があって、あと5歳若かったらもっと働きたかったなぁ、なんて思ってしまいますが…。現実的には厳しかったかな。

「長時間勤務は、今後絶対にやめよう」
と決意したのは、その後に勤めた会社でした。

寝不足やストレスなどで体がこわばってしまい、頭も働かなくて
キーボードで文字が打てなくなったことは数知れず。
その上、iPhoneでフリック入力もできなくなった時、けっこう危機を感じました。
そうなってくると、アポの時間通りに場所に行くのがしんどくなったり、
信じられないようなケアレスミスをしてしまったり。

そんなことが3回ほどありましたが、
SOSは聞き入れられず、「みんな大変な中やってるんだから、わがままを言うな」ということを言われるしまつ。一時的に状況が良くなっても、すぐに元通りになって一向に状況は改善せず…。

手伝ってくれる仲間も居ず、一人で会社で夜を越すことも。
仕事の負担も責任も大きい上に、何のためにやっていることなのか、全く分かりませんでした。

仲間がいたり、目標があったりすれば、もう少しがんばれたかもしれません。
しかし、もしそうだったとしても、きっと体はボロボロになってしまうでしょう。

実際に、楽しかったPR会社のときは、今よりも+8kg太っていて、
肌は荒れ放題、常に大きなニキビがいっぱいある状況でした。
食事の時間もいつとれるかわからないし、
とれても、コンビニに走っていって戻ってきて口に詰め込むことも。
睡眠も満足に取れなかったですし、
何にしても、長時間働くというのは体に悪いものだと思います。

 
 

■長時間勤務で思考力が低下する

睡眠不足に加えてストレスフルな状況が続くと、
マイナス思考になり、自己肯定感がなくなってきます。

そうなると、人に批判されたり不当な扱いを受けても、
言い返せ無いどころか、「自分が悪いのだ」と思ってしまうようになり、それ以上何も考えられなくなります。

前の会社で言われたこと。
言い返せなくて、言われっぱなしでしたが、そういうことを今も時々思い出します。
(思い出したくはないですが、忘れる過程で時々思い出すのも必要なのでしょう。)

思い出すたびに、こう思う。

今なら完全に言い返せるのになぁ…、と。笑

なぜなら、毎日7時間以上は寝ているから。
美味しいご飯を幸せな気持ちで毎日ちゃんと食べているから。
旦那さん(=自分の味方、かつ冷静な第三者)と会話する時間が、毎日とれているから。

それがないと、言い返せません。

人格攻撃も、いわれのない批判も、
ノーガードでそのまま受け入れてしまいます。
本当に危なかったなぁ、と思います。

 

■長時間勤務のツケは、自分に返ってくる

誰かに命令されてやっていたのだとしても、
あるいは、誰かのために貢献したい、ということだったとしても、

長時間勤務のツケは“自分にだけ”返ってきます。
「自分の心や体」、「自分と家族や、恋人との関係」などに、深刻な影響をおよぼすことも。

だからといって、
命令した側が責任を取ってくれたり、良心の呵責に苦しむ(笑)ことは、
ありません。(断言!)

まあ、もし万が一あったとしても、
費やした時間や労力(=人生の一部)は戻りません。

弱ってしまった自分の体や心は、
自分で受け止めて、長い時間を掛けて、
自力で立て直すしか無いです。

ちゃんと考えもせずに、自分の人生を一時でも明け渡してしまったこと。

本当に反省しています。
もっと早く投げ出して逃げ出しても、全然OKでした。
もっと早い段階から逃げろ、辞めろ、と言ってくれていた人もいたのに、自己批判モードだったので聞き入れられませんでした。………怖~ッ!!

それでも、最後にはちゃんと抜け出してこれたこと、
そして今ちゃんと仕事に恵まれていること。

これについては、周りの方々に恵まれているのを心底感じます。(ありがたや~)
それに、ちゃんと抜け出せた自分の強さも、誇りに思います。

♪~お前が消えて 喜ぶものに お前のオールを 任せるな

-中島みゆき「宙船」

ほんと、これです。さすがみゆき様。
自分で漕いでいこう。

そのためには、長時間勤務、ダメ絶対。

「でも、わたしは長時間勤務しなきゃいけないのッ!!」という人。
深呼吸して、本当にそれがしたいか考えてみては?
我慢が美徳、苦しみに耐えるのが人生、って、本当にそれがあなたにとっての幸せ?楽しいのかな?

個人の自由ですが…幸せそうな人に嫉妬したりイライラするくらいだったら、
自分が幸せになったほうがいいよなぁ、と私は思いますよ。

Posted in 日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment