Jan 12, 2017

残業が嫌いな理由


頭の中を整理するために書きます。
残業がなぜこんなにも嫌いで、なぜこんなにもやりたくないのか。意外と人に伝わるように話せないので…。

【理由1】いつまでも正社員でいられると思ってないから
会社に貢献さえしていれば、家族共々食っていける、という時代ではないですし、ベンチャー企業勤務なので、経済的にも、時間や労力の投資先という意味でも、「会社」にだけ一極集中というのは危険。会社のお世話になりつつ、もっと自力でやってけるようにならないと、と常に思ってます。

【理由2】会社にとっても、私の残業に大した価値がないから
私の残業が会社にとって大きなインパクトを起こすってことは、あまり無いです。あるとしたら、その前にやらかした時かなぁ…。

何か理由があってやむを得ない事も多々ありますが、恒常的に毎日2時間以上残業してるっていうのは、「念のため」とか、「心配しすぎて」とか、あるいは惰性だったりします。
ここぞという時にリソースを投下するためにも健康維持の方が大事です。1時間残業までは、(自由時間を削れば)睡眠時間を削らなくても大丈夫ですが、それ以上は、ダイレクトに睡眠時間に影響してしまいます。

それに、会社にとって大きなインパクトを起こすのは、別枠からのアイディアだったり、人のつながりだったり、方針転換に関わるような情報だったり…そういった、本当に会社にとって大きな成果を生むことのためには、残業で目の前の作業をこなしているよりは、自由に思考したり、人に会ったりできる余裕があった方が良さそうです。

【理由3】稼ぐ力を持った個として自立したいから
生きて行くためにも、人生が豊かで幸せであるためにも、会社に依存しない個として稼ぐ事が大切。
子育てや介護もあるかもしれない。そうなったら会社の仕事なんて簡単に続けられなくなる。
わたしは、何があってもちゃんと稼げるようでありたい。

それに、たぶん自分で稼ぐってめちゃくちゃ面白い。自分でコントロールできてないと、どうしたって仕事は面白くならない。会社を通じてじゃなくても、個人でできることはたくさんある。自分の自由な発想で、マネタイズできる方法を実地で探る。
会社で事業計画なんか書いてる暇があったらやった方がいい。

正月休みで時間があったので、やりたい事が明確になった。このまま時間をひねり出して、形にしなければ。
もちろん、会社での仕事でも、自立して進められるように挑戦していかないと。
会社のためでもあるけど、なにより自分のために。

あと、残業したくない大きい理由としては、旦那さんが22時を過ぎると寝てしまうということ(!)
残業してたら、同じ家にいても会話は朝駅に向かう10分弱だけになってしまう。子供ができたら、と考えると、旦那と子供が仲良く寝てる家に、そーっと帰って1人で夜食を食べて…?

なんて、かなしすぎる!

残業しなくても稼げる力を身につけないと。

Posted in 日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment