練習でバテてしまう問題

練習でバテてしまう問題

子が生まれたので、スタジオで練習できるのは土日だけ、あとは家で練習しているのですが、最近練習ですぐバテてしまいます。

平日家で練習しているときは、オムツ替えとか授乳とかいたずらを止めるとか謎に泣き出したとかでちょこまか中断しながら練習していて、なかなか最後のポーズまでたどり着きません。太陽礼拝がいつまでも終わらず、シッティングポーズが遥か先に感じられ、スタンディングを最後までやりきった時点でもう疲れ果ててやめてしまうこともあります。

年かしら?
産後の体力低下かしら?

とか、いろいろと考えましたが、わかりました。
それは、寝不足です。笑

この土日、子は10時間寝てくれました。寝たあと大人のご飯と風呂なので、私は6~7時間寝られました。

通しで!途中で授乳せず…!

これは、0歳児にしてはとってもありがたいことでございます。娘よ、ありがとう。

そうしたら、朝のスタジオでの練習での体がぜんぜん違う!軽い!あっという間に最後のポーズまでたどり着いてしまいます。

いつも心理的なハードルを感じるハーフプライマリーの先(プジャピダーサナ、クルマーサナ、スプタクルマーサナ、ガルバピンダーサナ、クックターサナ…股関節開くの苦手!)、セカンドのうつ伏せポーズ群(ハムストリングス、柔らかいけど筋力なし!)、膝立ちのラグバジュラーサナ(アップできるかいまだに不安)、カポターサナ(死ぬ!)など、心理的な障壁を感じるポーズも、するりとやれてしまいます。

やっぱり、よく寝ると人間違うもんですねぇ…。
特に肩周りと背中!あと股関節も。寝不足だとこわばって動かすのも一苦労、無理に動かして余計に力が入って…という悪循環ですが、寝ればそんなこと全然ない。
深く呼吸するだけで、すぐにゆるんで動けます。

そうはいっても、いつも十分寝れるわけではありません。
子育て中に人のペースで起こされたり、眠い時に寝れないのはたしかに辛いですが、そうじゃなくても仕事なんかで寝れなくても練習することはありますよね。

疲れない練習のためにはよく寝るのが一番ですが、それ以外に気づいたことをまとめておきます。

・呼吸を深くする
きほんですね。バテるときは、いつの間にか呼吸が浅くなってます。

・ポーズに入ったら何も考えない
呼吸にだけ集中するのがいいです。

・感情を無視する
体調が万全じゃないとき、どうしても心も不安定で気持ちで負けてしまいがち。不安に襲われても無視して呼吸です。

だけどやっぱり一番はよく寝ること!
どうしても寝られなかったら、なんとかして昼寝するとかしてみるべしです。

日記カテゴリの最新記事