武功を挙げろ!天下の大将軍になるのだ!

武功を挙げろ!天下の大将軍になるのだ!

かつて、仕事が嫌すぎて、日曜の午後に落ち込んでいたとき、旦那が漫画喫茶に連れて行ってくれました。この漫画を読むためです。

そう、キングダム!
少年漫画でありながら、ビジネス切り口でも注目されている異例の漫画です。
作者はもともとエンジニアの方。テレビで、さながら仕事の進捗シートのように中国の史実を整理してストーリーに落とし込んでいたのが印象的でした。
近い畑の、仕事できる方が描いた熱い漫画なのです。

この漫画を読むと、目に光がやどり、「やったるで!」と気合が入ります。
そう、武将が飛ばす檄のように、読む者の士気に火をつけてくれるのです。

産後すぐ45巻~辺りを読んだのですが、寝不足&産後モードで全然頭に入っていなかったので
最近、最新刊も含めて改めて読み返していました。

いやあ、熱い!
武功、挙げないとね。

そして、赤子に翻弄されてなかなか紙の本が読めないためkindleで、話題のこの本を。

熱い!熱狂している!
そして、活字になった時点で、溶岩は冷めて岩になっている。そっから先は自分でやれ、と。

自分には、やれていないことがたくさんあることに気付かされ、「いいなぁ」と、成功者のいい面や結果だけをみてのほほんと憧れるのではなく、ちゃんと自分の足元をみて、ここから、自分の力で、到達しなければならないのだ!とリアルに気付かされました。

家族に時間を割きたいし、ライフワークのヨガは毎日2時間くらい練習するので「仕事に誰よりも時間を掛ける」ことはどうしてもできない。
だからといって、他の時間でやりきれているかというと、全然やりきれてない。

今は育休中なので仕事に使える時間は一日に30分、良くて1時間とはいえ、目一杯活用できているかというと、自信はない。
もっと、手を動かさないと。

そして、復帰後にどうするか。
復帰後にどう働くかイメージを固めて準備をはじめないと。

子供を産む前は、給料が決まった日に振り込まれていれば、それ以上あまり考えていませんでした。
給料がいくらもらえるのか、昇給できるのか、なんてことは気にしていました。
平日がまるごと潰れたり土日の予定も仕事に左右されるのは不満もあったけど、まあ、そういうもんだろうという感じで思っていました。

でも子供を産んで、とにかく時間が惜しいと思うようになりました。
そして、育休中に世界が広がり、「サラリーマン」は一つのジャンルでしかないと身を持ってわかりました。
我が家が住んでいるのは木造アパートなんですが、周りには豪邸がちらほらと。その豪邸の持ち主はきっと「サラリーマン」ではありません。
ママ友として会う方々も、平日に子供を連れて児童館に来ているのだから、「サラリーマン」ではないでしょう。お店をやっている自営業の方もたくさんいます。

気づいたんです。サラリーマンの給料なんて、そこまで大差ないと。
例えば、年収1,000万ってキリがいいです。私はそんなにもらっていないですが、仮に1,000万もらえたら、何か変わるのだろうか。

少しは変わるかもしれない。
欲しいものを買うハードルが少し下がったり、ちょっといい家に住めるかもしれない。
ローンを組んで家も買えるかも。

でも、すごく自由になるかというと、そうでもないような気もします。
2~3,000万だったらもう少し変わるのかもしれませんが…どうなんだろう。

例えば、すぐに会社をやめても生活が保たれるというのなら、私はすぐに会社をやめるでしょう。
時間が惜しいし、無駄な仕事をしたくないからです。

それで、会社をやめて何をしたいかというと…なんと、「仕事」なのです。
好きなように、思う存分「仕事」がしたい。「自由」に働きたい。

サラリーマンで給料がいくらになるかなんていうのは、本質じゃなかった。
私は、「自由」への戦いをしているのでした。

『死ぬこと以外かすり傷』は、そういう意味でも参考になりました。
サラリーマンで今すぐ自由になる方法もあるんだ、と示してくれたからです。もちろん、楽じゃないですが、不毛なことに人生を浪費するよりずっといい。

大将軍の息子や孫じゃなくても、歩兵から武功を上げて大将軍にだってなれるんです。
自由になりたければ、さっさと武功を挙げろ。天下の大将軍になるのだ~!えいえいお~!

日記カテゴリの最新記事