Aug 7, 2018

産後のお尻と太もも復活への道


産後6週間の検診で運動OKが出てから太陽礼拝から少しずつ練習復活、3ヶ月から週いちペースでスタジオのマイソールクラスに通いながら、日々育児の合間をぬって自宅練習を開始しました。

眠ってくれたらすかさず練習をして、泣き出したらお世話をして、という感じなので、はじめのうちは太陽礼拝だけで精一杯でした。それでも何かしらやるようにして、週に一度のスタジオ練習では4ヶ月ごろからセカンドの後屈系を少しずつ取り戻しているところです。

そこで立ちはだかったのがラグバジュラアサナ。

IMG_5090

立膝から後ろに反って、足首を掴んで重心を前に、太ももでしっかり支えたまま後ろに頭をついて5呼吸、その後腕に力を込めて膝立ちに戻ってきます。

この、最後の戻ってくるのが一苦労なのです。
はじめにポーズをもらったときには、毎日練習して一ヶ月半かかってやっと起きてこられるようになりました。

妊娠出産を経てお腹もぶよぶよ、おしりと太ももの区別もなくなり、だるんだるんの腰回りになったので、やっぱり起きてこれなくなっておりました…。

ラグバジュラアサナは、頭をつくまでの仕込みがすごく大事で、胸から股関節、前ももまで「体の前面を伸ばす」のと、ハムストリングスとおしりの筋肉で頭をつくときまで「しっかり重心を太ももに残す」のが大事。

だるんだるんの太もも、お尻には荷が重かったのでした。

なので、

○うつ伏せの後屈シリーズで、脚を持ち上げるのを頑張る
○赤ちゃんの機嫌をとりながら大臀筋とハムストリングスの筋トレ
○寝る前に大臀筋はじめ股関節を開くストレッチ

この辺を地道に続けて、なんとか起き上がれることが増えてきました。

産後の腹筋、太ももとおしりの筋肉を取り戻すのはなかなかハードですが、成果も出やすいはず! これからも探求してゆきます。

関連記事

Comment





Comment